トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 風水害情報 > 県管理河川大規模氾濫等に関する減災対策協議会

ここから本文です。

更新日:2017年8月2日

県管理河川大規模氾濫等に関する減災対策協議会

大な被害が発生した平成27年9月の関東・東北豪雨による水害を受けて国が策定した「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づき、県では県管理河川流域における水防災に対する行政・住民の意識改革と、水害リスク等の情報を共有し地域の防災・減災対策を推進するため、市町村、県、気象台、国土交通省九州地方整備局からなる「大規模氾濫等に関する減災対策協議会」を県内6ブロックで開催しています。

【宮崎県】協議会の枠組み

各協議会開催状況

  1. 五ヶ瀬川水系浸水被害及び土砂災害軽減協議会(外部サイトへリンク)
  2. 小丸川・一ツ瀬川水系水防災意識再構築協議会(外部サイトへリンク)
  3. 大淀川水系水防災意識社会再構築協議会(外部サイトへリンク)
  4. 日向土木管内大規模氾濫等減災協議会
  5. えびの大規模氾濫等減災協議会
  6. 日南・串間地区大規模氾濫減災協議会

お問い合わせ

県土整備部河川課計画調査担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7186

ファクス:0985-26-7317

メールアドレス:kasen@pref.miyazaki.lg.jp