トップ > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > 河川・海岸 > 耳川フェスティバルin諸塚を開催しました

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年3月22日

耳川フェスティバルin諸塚を開催しました

開催概要

去る平成29年3月11日(土曜)に諸塚村中央公民館をメイン会場とし「耳川フェスティバルin諸塚」を開催しました。

この耳川フェスティバルは、「耳川水系総合土砂管理計画」の行動計画に基づき、流域住民とともに、耳川のあるべき姿を共感し、地域に根ざした川づくりを推進することを目的に流域4市町村(日向市、椎葉村、諸塚村、美郷町)持ち回りで毎年開催しています。今回から二巡目に入ります。

今年度は、針葉樹とシイタケ生産のための広葉樹が織りなす「モザイク林」をはじめとした豊かな自然や伝統と文化が受け継がれている耳川中流部の「諸塚村」での開催となるため、森林(もり)に関わる体験型プログラムを中心に企画したところ、流域内外から125名の参加があり、盛大に開催することができました。

耳フェス諸塚集合写真(植樹)

  • [日時]平成29年3月11日(土曜)午前10時00分から午後3時00分まで

備考:耳川水系総合土砂管理、耳川フェスティバルin諸塚のプログラム等については、下記のホームページをご覧ください。

 開会あいさつ

諸塚村西川町長より、開会のごあいさつをいただきました。

耳フェス諸塚西川村長あいさつ

耳フェス諸塚開会式状況

 現場見学:ダム改造工事見学ツアー(山須原ダム:九州電力(株))

午前中1つ目のプログラムでは、耳川水系総合土砂管理計画の中核的事業であるダム改造工事を見学しました。参加者は、全国的にも珍しい既存ダムの切り下げ工事を興味深く見学していました。

(ダム改造工事施工中の山須原ダム)

山須原ダム改造工事見学ツアー1

(九州電力による模型を使った説明)

山須原ダム改造工事見学ツアー2

(山須原ダム改造工事見学状況)

山須原ダム改造工事見学ツアー3

座学:森林の役割、山のじごと

午前中2つ目のプログラムでは、宮崎北部森林管理署、耳川広域森林組合の職員から紙芝居や空飛ぶ種を使った「森林の役割」や「山のしごと」の説明を聞いて、森林と川のつながりについて熱心に勉強しました。

(宮崎北部森林管理署による「森林の役割」の説明)

森林の役割1

(紙芝居を使った説明)

森林の役割2

(空飛ぶ種(写真右上)を使った学習)

森林の役割3

(耳川広域森林組による「山のしごと」の説明)

山のおしごと1

 昼食:ダムカレー試食会

昼食は、耳川流域初となるダムカレーを試食していただきました。今回提供させていただいたダムカレーは、午前中見学した九州電力の山須原ダムをイメージしたカレーです。
"ご飯は真ん中から食べて、ダム改造工事のように堤体を切り下げてください。"という解説付きです。

ダムカレー1

ダムカレー2

ダムカレー3

 木工教室(しゃもじ造り)・しいたけ駒打ち体験

午後最初プログラムでは、講師お二人に指導いただきながら、諸塚村の杉材を使った「しゃもじ造り」とクヌギの原木にしいたけの種(種菌)を打ち込む「しいたけ駒打ち」を体験しました。

木工教室(しゃもじ造り)

回造ったしゃもじは、ご飯が良く「ひっつく」ので「縁結びの木しゃもじ」と呼ばれているそうです。

(しゃもじ造りの講師:甲斐安正さん)

しゃもじ造り1

(しゃもじ(写真左上)の磨き上げ作業状況)

しゃもじ造り2

しゃもじ造り3

しいたけ駒打ち体験

講師の甲斐さんの指導をいただきながら、およそ1メートルの長さの穴を開けたクヌギの原木に、20個ほどのしいたけの種駒(シイタケ菌の蔓延した木片)を差込み、金槌で叩いて埋め込みました。

上手に育てるにはこまめな散水などの手入れが必要ですが、早ければ次の秋頃に収穫できるそうです。

(講師:甲斐健二さんによる駒打ちの説明)

しいたけ駒打ち1

(しいたけ駒打ち用のホダ木120本)

しいたけ駒打ち2

(しいたけ駒打ち状況)

しいたけ駒打ち3

 植樹体験

最後のプログラムは、実際に諸塚村内の伐採跡地へバスで移動し、杉の植樹を体験しました。

午前中に「森林の役割」や「山のしごと」で勉強した森林の大切さを思い出しながら、風や雨で流されないようしっかりと約600本を植え付けました。

(耳川広域森林組による植樹方法の説明)

植樹体験1

(植樹作業状況)

植樹体験2

植樹体験3

参加小学生による意見発表・講評

後に、参加していただいた小学生の代表4名にフェスティバルに参加した感想などを発表してもらいました。

想のなかには、「ダムカレーは放流させながら食べた。おいしかった。」、「山のおかげで川の水がきれいであることが分かった。」、「貴重な体験ができ、参加して良かった。」、「来年の耳川フェスティバルも友達を誘って参加したい!!」等が聞かれ、今回のフェスティバルに満足しているようでした。

また発表後には、宮崎大学の中尾名誉教授から、発表について講評をいただくとともに、山地と川・海のつながりをわかりやすく解説していただきました。

(小学生による意見発表)

意見発表

(講評:宮崎大学名誉教授尾登志雄氏)

講評1

 パネル展示等

会場では、流域一体で取り組んでいる「耳川水系総合土砂管理」や県内小学生が各地で実施した「五感を使った水辺の調査」の紹介また流域市町村の観光PRの場として、関係機関のパネル展示を実施しました。

(耳川水系総合土砂管理:土木学会環境賞受賞のお知らせ)

パネル展示1

(県内小学校による「五感を使った水辺の調査」)

パネル展示2

パネル展示3

パネル展示4

(みみかわ調査新聞(東郷学園))

パネル展示5

パネル展示6

(流域市町村PRパネル)

パネル展示7

開催予定

◎◎来年度も耳川フェスティバルを開催する予定です。◎◎

◎◎◎◎なさまの参加をお待ちしております。◎◎◎◎

集合写真(閉会式)

お問い合わせ

県土整備部河川課計画調査担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7186

メールアドレス:kasen@pref.miyazaki.lg.jp

耳川フェスティバル実行委員会
(事務局:宮崎県日向土木事務所)
電話:0982-52-4174