トップ > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > 河川・海岸 > 平成30年台風24号大淀川の内水被害に関する検討会

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年1月30日

平成30年台風24号大淀川の内水被害に関する検討会

平成30年9月に発生した台風24号に伴う短時間かつ記録的な降雨により、瓜生野川、瓜田川、江川、飯田川の沿川において浸水被害が発生したことを受け、国、県、市の関係機関が一堂に会し、浸水状況や要因等を共有し、専門的な知識を有する学識者から指導・助言を得ながら、家屋の浸水被害軽減に向けた今後の対応を検討する場として、「平成30年台風24号大淀川の内水被害に関する検討会」を開催しました。

第1回検討会

日時:平成31年1月15日

会議資料(PDF:7,741KB)

  1. 開会
  2. 出席者紹介
  3. 挨拶
  4. 設立趣旨等
  5. 議事
    • (1)河川整備の状況について
    • (2)平成30年9月台風24号の出水状況等について
    • (3)意見交換
    • (4)まとめ
  6. 閉会

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部河川課河川担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7184

ファクス:0985-26-7317

メールアドレス:kasen@pref.miyazaki.lg.jp