トップ > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > ダム > 広渡ダム洪水調節速報

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

広渡ダム洪水調節速報

洪水調節概要

台風22号の影響により、広渡ダムの上流では10月27日13時の雨の降り始めから29日7時までに流域平均雨量の累計が194mmに達しました。
29日7時17分に流入量が洪水量の90立方メートル/秒に達したため、洪水調節を開始しました。
29日7時24分には流入量が最大の96立方メートル/秒となり、このときダムにおいて、23立方メートル/秒を調節(全体では洪水調節容量の
1.0%にあたる50千立方メートルの洪水をダムに貯留)することで、ダム下流河川への流量を73立方メートル/秒に減らしました。
この洪水調節により、ダム下流の谷之城橋水位観測局において、河川の最高水位を約0.1m(5.54m→5.50m)低減させたと推測されます。

洪水調節図

調節図H291029広渡

お問い合わせ先

日南土木事務所

  • 電話番号:0987-23-4661
  • ファックス番号:0987-23-7326

広渡ダム管理所

  • 電話番号:0987-55-2922
  • ファックス番号:0987-55-2100

公表資料

洪水調節情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部河川課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7184

ファクス:0985-26-7317

メールアドレス:kasen@pref.miyazaki.lg.jp