トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 建築 > 【注意喚起】確認表示板の記載内容について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

【注意喚起】確認表示板の記載内容について

工事施工者は、建築基準法施行規則第68号様式により確認があった旨を当該現場の見やすい位置に表示し、また設計図書を現場に備えておく必要があります。

平成27年6月25日に建築基準法施行規則が改正され、確認表示板の記載内容が変わっていますので、下記について御注意ください。

確認表示板の記載例

注意点

  1. 設計者及び工事監理者が建築士の場合には、設計者氏名及び工事監理者氏名の欄にその者の一級建築士、二級建築士又は木造建築士の別を併せて記載してください。
  2. 設計者及び工事監理者が建築士事務所に属している場合には、設計者氏名及び工事監理者氏名の欄にその名称及びその一級建築士事務所、二級建築士事務所又は木造建築士事務所の別を併せて記載してください。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課建築指導担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7195

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp