トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 建築 > 建築士に設計や工事監理を依頼する前に建築士免許を確認しましょう!!

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年5月11日

建築士に設計や工事監理を依頼する前に建築士免許を確認しましょう!!

今般、他県において無資格者が偽造の免許証の写しにより建築士になりすまし、建築士として業務を行なっていた事案が発覚しました。建築士法では、建築士事務所の開設者に対し、設計または工事監理の契約を締結しようとするときは、所属の建築士に、重要事項の説明をさせることを義務づけています。この際、説明を行う建築士は、建築主に対し、建築士免許証を提示しなければなりません。(建築士法第24条の7)

設計または工事監理契約を締結される前に、建築士免許の原本により、建築士の資格及び建築士本人であることをご確認ください。

建築士免許証とは

一級建築士、二級建築士、木造建築士の免許証にはカードサイズの携帯型と、賞状型の2種類があります。

(携帯型の見本:縦5.4センチ×横8.5センチ)

カード

(賞状型の見本:A4サイズ)

賞状

建築士の登録確認について

建築士名簿の閲覧をすることで、登録の有無を確認できます。

建築士事務所の登録確認について

登録簿の閲覧をすることにより、登録の有無を確認できます。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7194

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp