トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 建築 > 建築物の安全点検・定期報告制度について-安全点検表

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年12月2日

建築物の安全点検・定期報告制度について-安全点検表

平成13年9月1日に起きた東京都新宿区歌舞伎町の小規模雑居ビル火災は、44名もの尊い命を失う大惨事となりました。

また、平成16年12月13日に起きた埼玉県さいたま市の物販店火災では、3名の死者を出しました。
これらの建築物は、その後の調査で、建築基準法や消防法等の法令上の不適合や維持管理上の不備などが明らかになっています。

建築基準法では、建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努める義務があります(建築基準法第8条)。

築物の維持保全を適正に実施することは、地震や火災等の災害による被害を軽減することにつながりますので、定期的に安全点検を実施することが重要です。

全点検表を参考にあなたのビルの安全点検を行いましょう。
もし、安全点検の結果、不適合な箇所がありましたら、改善してください。
明な点等ありましたら、建築行政担当窓口や建築士等の専門家に確認してください。

宮崎県・宮崎県建築連絡協議会

  • 宮崎県建築連絡協議会
  • 宮崎県・宮崎市・都城市・延岡市・日向市・財団法人宮崎県建築住宅センター
  • 社団法人宮崎県建築士会・社団法人宮崎県建築設計事務所協会
  • 社団法人宮崎県建設業協会・社団法人宮崎県建築業協会

安全点検表

廊下党の避難経路

火災時の避難においては、廊下、通路の確保も重要です。原則として、2方向への避難経路が必要です。

可燃物は放置されていないか。 適・
避難に障害となる物が置かれていないか。 適・
避難バルコニーに避難の障害となる物が置かれていないか。 適・

廊下等の避難経路

階段

階段は、いざという時に避難する大切なところです。普段使用していない階段も、安全に避難できるよう維持管理が必要です。

可燃物は放置されていないか。 適・
避難に障害となる物が置かれていないか。 適・
屋外階段の耐久性は十分か。腐食はないか。 適・

防火戸

防火戸

階段に面する扉は、避難するための階段を炎や煙から守ると共に、上階への煙の拡散を防ぐ役割があります。

吹き抜け、階段、エスカレーター等の開口部は、防火戸等で区画されているか。 適・
開閉、避難に障害となる物が置かれていないか。 適・
円滑に閉鎖できるか。 適・

内装制限

火災の拡大を防ぎ、避難と消防活動を促進するため、壁や天井などの内装仕上げを燃えないものなどにすることが必要です。

火気を使用する室の内装が可燃材に変更されていないか。 適・

排煙窓

火災により発生した煙やガスを、建物内で拡散することを防ぎ、速やかに屋外へ排出するため排煙窓や排煙設備の設置が必要です。

壁や物品等でふさがれていないか。 適・
開閉操作は容易に行えるか。 適・

排煙窓

非常用の進入口

3階建て以上の階には、火災時に消防隊が進入し消火、救助活動が行えるよう道路等に面して進入口等の設置が必要です。

壁や物品等でふさがれていないか。 適・
広告看板等の障害物はないか。 適・

非常用進入口

非常用照明装置・消防設備等

火災の際、停電になっても早急に避難できるようにするため、非常用の照明装置の設置が必要です。消防法に基づく緑色の誘導灯などもあります

バッテリーや電球は切れていないか。(ひもを引いて照明がつくか。) 適・
消防設備(消火器・火災報知器など)は保守点検されているか。 適・

非常用照明装置

外壁や広告看板

外装材や看板等は、年数が経過すると劣化し、落下するおそれがあります。また災害時には、落下物が避難の妨げになることもあります。

外壁・看板等にひび割れ、はがれ、さび等はないか。 適・

外壁や広告看板

定期報告制度

定あるいは不特定多数の人々が利用する特殊な建築物、建築設備等は、いったん災害が発生すると大惨事になる危険性があるので、安全性の確保と適正な維持管理を図り、事故の発生を未然に防止する必要があります。

そのため、この建築物の所有者(所有者と管理者が異なる場合は管理者)は、定期的に建築物等の維持管理状況について資格を有する者に点検させ、その結果を特定行政庁へ報告しなければなりません。(建築基準法第12条)

問い合わせ先

増築、改築、用途変更を行う際の手続きや建築基準法の規定などについてのご相談は、各特定行政庁の建築行政担当窓口にお問い合わせください。

特定行政庁 担当窓口 電話番号
宮崎市 都市整備部建築指導課 0985-21-1813
都城市 土木部建築課 0986-23-2091
延岡市 都市建設部建築指導課 0982-22-7034
日向市 建設部まちづくり政策課 0982-52-2111(代)

宮崎県
宮崎県 土木部建築住宅課 0985-26-7195
宮崎土木事務所 建築課建築係 0985-26-7287
日南土木事務所 総務課庶務係 0987-23-4663
串間土木事務所 総務課庶務係 0987-72-0134
都城土木事務所 総務課建築係 0986-24-7915
小林土木事務所 総務課庶務係 0984-23-5165
高岡土木事務所 総務課庶務係 0985-82-1155
西都土木事務所 総務課庶務係 0983-43-2221
高鍋土木事務所 総務課庶務係 0983-23-0001
日向土木事務所 総務課建築係 0982-52-4171
延岡土木事務所 総務課建築係 0982-21-6144
西臼杵支庁 土木課管理係 0982-72-3191

土木部築住宅課

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7194

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp