トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 住宅 > 空家等相談Q&A > 空き家を相続したが利用する予定がありません。どうすればよいですか。

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

空き家を相続したが利用する予定がありません。どうすればよいですか。

(空家等相談Q&AQ3-1)

まいとして活用でき、需要もあるような地域であれば、賃貸住宅として貸し出すのが良いと思われます。住宅は使われなくなると老朽化が進行しますので、適切な維持管理を行わず、そのままにしておくことが一番の問題です。
朽化していてリフォームしても使うのが難しいような住宅の場合は、取り壊して更地とし売却するか、駐車場などの需要のあるところではコインパーキングなどに利用し、資産として保有することが考えられます。
もせずに土地を保有する場合でも、税金や維持管理(除草など)が必要となりますので、利用するあてのない場合は早めに売却することで土地の有効活用が図られ、地域の活性化につながります。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課住宅企画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-24-2744

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp