トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 住宅 > 空家等相談Q&A > 建物に家財道具類が残っているのですが、そのままで貸し出すことは可能ですか。

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

建物に家財道具類が残っているのですが、そのままで貸し出すことは可能ですか。

(空家等相談Q&AQ3-6)

事者同士が了解すれば問題ありません。また、一部屋に仏壇や家具などをまとめて出入り口に鍵をかけ、それ以外を貸し出すという方法もあります。
りる側にとっても、その分の家賃を払わないで済むので合理的です。使い勝手を考え、借りる方の生活に支障のない部屋を荷物置場としてはどうでしょうか。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課住宅企画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-24-2744

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp