トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 住宅 > 空家等相談Q&A > 空き家を解体して更地にすると、固定資産税が6倍になると聞いたのですが、本当ですか。

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

空き家を解体して更地にすると、固定資産税が6倍になると聞いたのですが、本当ですか。

(空家等相談Q&AQ5-1)

定資産税では「住宅用地の特例」があり、200平方メートルまでは固定資産税が6分の1(200平方メートルを超え300平方メートルまでは3分の1)に減額されています。空き家の敷地でも「住宅用地」になり税負担が軽減されます。
物を解体し更地にすることによって、住宅用地に該当しなくなることから6分の1(200平方メートルを超え300平方メートルまでは3分の1)の軽減措置が適用されなくなるため、「6倍になる」と言われています。ただし、建物はなくなるため、建物に対する固定資産税はなくなります。
また、空家等対策の推進に関する特別措置法により「特定空家等」と認定され勧告を受けた場合、固定資産税の軽減措置を受けることができなくなります。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課住宅企画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-24-2744

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp