トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 住宅 > 空家等相談Q&A > 空き家を売却した場合の税金はどうなりますか。

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

空き家を売却した場合の税金はどうなりますか。

(空家等相談Q&AQ5-2)

んでいるマイホームを売却して利益が出た場合、譲渡所得の計算上、3,000万円を控除する特例があります。
ところが、空き家にしてから、3年目の年末を過ぎると、売却して利益が出た場合には、3,000万円の控除は使えませんので、利益に対して税金がかかります。
期譲渡所得(譲渡した日の属する年の1月1日において所有期間が5年を超えるもの)は、20.315%(復興特別税付加、地方税含)、短期譲渡所得は39.63%(復興特別税付加、地方税含)の税率で税金がかかります。
住用財産の譲渡所得の特別控除は、住まなくなった日から3年を経過する日の年末12月31日までに譲渡した場合に適用される特例です。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課住宅企画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-24-2744

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp