トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 公営住宅 > 東北地方太平洋沖地震に伴う公営住宅等への入居相談に関する対応状況及び住宅相談窓口の設置について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年10月13日

東北地方太平洋沖地震に伴う公営住宅等への入居相談に関する対応状況及び住宅相談窓口の設置について

1.被災者の皆さまへ

崎県は、東日本大震災により被災された方に対し、一時的な居住の場として県営住宅等を提供しています。

2.入居対象者

日本大震災による原子力災害被災者(居住制限者※)であり、住宅に困窮している方

意:居住制限者:福島復興再生特別措置法第29条に規定する避難指示区域に存する住宅に平成23年3月11日において居住していた者

3.入居期間等

  • (1)入居期間:原則6ヶ月(更新可。最長使用期限は平成31年3月31日まで)
  • (2)使用料:免除(住宅使用料、駐車場使用料)
  • (3)保証人:免除
  • (4)受付期間:当面の間(原子力災害被災者の方のみが対象となります<注意>

意:原子力災害以外の被災者の方につきましては、平成24年3月末を以て受付を終了しました。

4.申込先

崎県県土整備部建築住宅課公営住宅担当(県庁1号館6階)

5.申込時に必要な書類

  • (1)本人確認ができるもの(運転免許証等)
  • (2)原子力災害の被災証明書

6.提供住戸

し込み時点での空き住戸を提供します。
希望の地域によっては、入居できない場合があります。

7.相談窓口

宮崎県県土整備部建築住宅課公営住宅担当

  • 電話番号:0985-26-7196

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7194

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp