トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 耐震化対策 > 相談した結果があまり良くない場合には?

ここから本文です。

更新日:2005年10月28日

相談した結果があまり良くない場合には?

まずは、「一般診断」

住宅の耐震性に不安がある場合は、専門家の診断を受け、わが家の弱点を知りましょう!

まずは、専門家に現地調査をしてもらい、自分の住宅が大地震の際に倒壊する危険性がどのくらいあるのかを診断してもらいましょう。

一般診断は、内外装を剥がしたりしない「非破壊検査」での調査にもとづき診断しますので、住宅を傷つけることなく行うことができます。

耐震診断に対する助成制度の開始!

宮崎県木造住宅耐震診断促進事業

本県においても、過去、日向灘沖を震源とする地震やえびの地震において多数の住宅の被害が記録されています。

こで県では、先の阪神・淡路大震災でも被害の大きかった昭和56年以前の木造住宅を対象に、県内の市町村と連携し、耐震診断に対する助成制度を実施しております。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7194

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp