トップ > 社会基盤 > 住まい・建物 > 耐震化対策 > ブロック塀や石積みの塀の安全対策について

ここから本文です。

更新日:2018年6月22日

ブロック塀や石積みの塀の安全対策について

ブロック塀や石積みの塀は、地震で倒壊すると人命を脅かす凶器になるばかりか、道路をふさいで避難や救助活動の妨げにもなります。(倒れたブロック塀の下敷きとなって、熊本地震では1名、平成30年6月18日に発生した大阪市北部地震では2名の方が亡くなる重大な事故となっています。)

ブロック塀や石積みの塀は、高さの限度や鉄筋などの構造基準が法律で定められています。基準どおりとなっていないものや古くなったものは、地震時に倒壊する可能性がありますので、家族や地域の安全のため撤去や改修を心掛けましょう。

ブロック塀

参考図:補強コンクリートブロック造の塀の基準(出典:(一財)日本建築防災協会)

注意:組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック造)の塀の場合

  1. 塀の高さは地盤から1.2m以下か。
  2. 塀の厚さは十分か。
  3. 塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか。
  4. 基礎があるか。
  5. 塀に傾き、ひび割れはないか。
  6. 基礎の根入れ深さは20センチ以上か。(専門家に相談しましょう)

ブロック塀診断士について

公益財団法人日本エクステリア建設業協会では、「ブロック塀診断士制度」を運営しており、既存ブロック塀の安全度を診断するブロック塀診断士名簿を作成しており、公開しています。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課建築指導担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7195

ファクス:0985-20-5922

メールアドレス:kenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp