トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 母子保健 > 男性不妊治療に対する助成を開始します

ここから本文です。

更新日:2016年3月18日

男性不妊治療に対する助成を開始します

平成27年4月から、体外受精などの特定不妊治療の一環として行なう、男性不妊治療に対する治療費助成を行います。

対象となる治療費

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)に至る過程の一環として行われる、以下の男性不妊治療。

  • 精巣内精子採取法(TESE)
  • 精巣上体内精子吸引採取法(MESA)
  • 上記採取法により採取した精子の凍結及び融解

保険適用外のものに限ります。

助成内容

  • 助成金額1件につき15万円まで。(精子の融解については5万円まで)
  • 助成回数同時に申請する特定不妊治療助成金と同様とします。

申請方法

  • 関係書類を県保健所へ提出してください。※郵送でも可。
    申請は治療が終了した日が属する年度の末日(3月31日)までに行ってください。
    ただし、3月中に治療が終了した場合には、4月末日までは申請を受け付けます。
  • 精子の融解にかかる治療費助成を申請される方で、宮崎市に居住の方は、宮崎市からの特定不妊治療費助成金の給付が決定した後、決定通知書を関係書類に添付して兼保健所に提出してください。※郵送でも可。
    申請は、宮崎市の給付決定日(決定通知書の日付)の翌月末までに行ってください。

申請書類

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課母子・歯科保健担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-44-2621

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kenkozoshin@pref.miyazaki.lg.jp