トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 健康づくり > 宮崎県vs大分県(その3)「野菜摂取量」が多いのは、どっち?

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年2月16日

宮崎県vs大分県(その3)「野菜摂取量」が多いのは、どっち?

もに「健康寿命本一」を目指し、切磋琢磨する宮崎県と大分県
康に関する指標は、どちらがリードしているのでしょうか?また、気になる「全国1位の都道府県」「厚生労働省の定める目標値」との比較は?

標の改善方法も含め、3回シリーズで御紹介します。

コラボポスター(小)
(JPG:950KB)

1「野菜摂取量」について

  男性 女性
宮崎県民 292g(全国16位) 278g(全国15位)
大分県民 300g(全国12位) 263g(全国ワースト19位)

(平成28年国民健康・栄養調査)

県の比較では、男性は大分県、女性は宮崎県がリードする結果でしたが、両県とも全国上位ではありませんでした。
は、全国トップの都道府県はどこでしょうか?

 
全国1位 長野県352g 長野県335g

男女とも1位に輝いた県は、長野県でした。
崎県・大分県ともに、「野菜を積極的に食べる活動=ベジ活」を実践する必要があります。

【野菜摂取量を増やすための取組の例】

  1. 「ベジ活」を応援する「宮崎県ベジ活応援店」を利用する。
  2. 家庭で手軽にできる野菜料理レシピを募集した「ベジ活コンクール」の優秀作品を作ってみる。
  3. 毎週○曜日はジ活の日」と決めるなど、家族や周りの人と誘い合ってベジ活する
  4. ゆでる、蒸すなどの調理方法で「かさ」を減らすみそ汁を具だくさんにするなどして、無理せずたくさん食べられる工夫をする。

2目指す野菜摂取量は、何グラム?

厚生労働省の定める目標値【健康日本21(第2次)】との比較は以下のとおりです。

野菜男性350グラム

野菜女性350グラム

3連リンク

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課健康づくり・がん対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7078

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kenkozoshin@pref.miyazaki.lg.jp