トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 疾病対策 > 腎疾患患者、透析患者の皆さまへ(新型コロナウイルス感染症対策)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年2月2日

腎疾患患者、透析患者の皆さまへ(新型コロナウイルス感染症対策)

透析患者は、高齢な方や糖尿病等を持っている方が多く、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいと言われています。

また、透析を受ける際には、密接した空間で集団で治療を受ける状況となります。

透析患者の皆さまは、日頃から感染症対策を徹底していただいていると思いますが、より一層の徹底とともに、健康管理に十分心がけていただきますようお願いします。

なお、新型コロナウイルス感染に関する不安等がおありの場合は、かかりつけの透析医療機関に御相談ください。

透析コロナ患者の受入れ医療機関について

腎疾患患者や透析患者は、新型コロナウイルス感染症に感染した場合、重症化しやすいことから、原則「入院治療」となります。

本県では、人工透析実施可能な感染症指定医療機関や感染症協力医療機関への受入れを調整します。現在、透析専用病床としては、5床、その他透析が可能な病床も数床確保しています。

透析患者に注意してほしいこと

  1. 常にマスクを着用し、手指衛生の徹底を行う
  2. 発熱者やかぜ症状のある方は、送迎バスを利用しない
  3. 患者待合室などで、患者同士の近距離・長時間の滞在を控える
  4. 食事の際にはマスクを外す必要があるため、待合室や食堂での飲食は控える

感染症予防について

  • 手を洗う
  • 咳エチケットの徹底
  • 三密を避ける・クラスター(感染集団)の発生を防ぐ

○詳細については「感染症予防のための対策(宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト)」を御確認ください。

相談・受診について

  • まずは地域で身近な医療機関(かかりつけ医等)に電話で相談しましょう。
  • 新型コロナウイルス感染症受診・相談センター(24時間対応):0985-78-5670

○詳細については「相談・受診について(宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト)」で御確認ください。

新型コロナウイルス感染症と腎臓病

一般社団法人日本腎臓学会が制作した、新型コロナウイルス感染症と腎臓病についての動画リーフレットです。

下記のPDFにあるQRコードを読み取ると、動画サイトにつながりますので御活用ください。

新型コロナウイルス感染症と腎臓病~患者さんとご家族にお伝えしたいこと~(PDF:159KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課がん・疾病対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7079

ファクス:0985-26-7336