トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 感染症対策 > 感染性胃腸炎の注意喚起

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年4月14日

感染性胃腸炎の注意喚起

染性胃腸炎は、主に冬季に増加し、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者などは重症化することもあるため注意が必要です。

この感染症は、ノロウイルスやロタウイルスなどの感染が主な原因で、特別な治療法がなく、日頃の手洗いなどの予防対策が重要であるため、予防対策の徹底をお願いします。

県内の感染性胃腸炎の発生状況

2016年第14週(4月4日~4月10日)の報告数は389人(10.81)でした。

流行警報レベル開始基準値は「定点あたり20」

H28年第14週感染性胃腸炎グラフ

平成28年第14週(4月4日~4月10日)までの県内の発生状況グラフ(PDF:160KB)

感染性胃腸炎の主な原因となるノロウイルスは特別な治療法はありません。
日頃の手洗いの徹底や発症時の対応などに留意し、感染予防・感染拡大防止に努めましょう。

県内における感染症の発生状況については、宮崎県感染症週報」により定期的に情報提供しています。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎は冬季を中心に年間を通じて発生し、その主な原因としてノロウイルスがあります。
感染力が非常に強く、感染の1~2日後に、嘔吐や下痢、腹痛などの症状を引き起こします。
抵抗力の低いこどもや高齢者は、重症化することがあるので、注意が必要です。

感染経路

経口感染

  • ノロウイルスに汚染された食品(カキなどの二枚貝)を、生あるいは十分に加熱処理せずに食べて感染する(食中毒)。
  • ノロウイルスに感染した人の糞便、嘔吐物による感染(二次感染)。
    ※下痢などの症状が治まっても、通常1週間程度は糞便中へのウイルス排泄が続きます。

感染予防策

(1)手洗いの励行

  • 流水と石けんにより丁寧に行い、清潔なタオルやペーパータオルで手を拭きましょう。
  • 調理や食事の前、トイレや嘔吐物の処理の後などには必ず行いましょう。
  • 正しい手洗いの動画

(2)食品の取り扱い

  • 肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを購入し、消費期限を守りましょう。
  • 食材は十分に加熱して調理しましょう(食品の中心温度を85度~90度、1分半以上、※二枚貝の場合)。
  • 調理器具(包丁、まな板、布巾等)は、家庭用漂白剤または熱湯により消毒して清潔を保ちましょう。

(3)入浴

  • 浴槽は洗浄して清潔を保ち、浴槽につかる前には肛門部を十分に洗いましょう。
  • 下痢が続く間は浴槽につからないようにしましょう。
  • バスタオルなどの共用はしないようにしましょう。

(4)消毒

  • ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です(消毒用アルコールは有効ではありません)。
  • 次亜塩素酸ナトリウムは、市販の塩素系家庭用漂白剤(通常5~6%濃度)に含まれています。
  • 汚染部分や人の手が触れる部分(トイレ、ドアノブなど)を次亜塩素酸ナトリウムで丁寧に行いましょう。
  • 消毒の際は、窓を開けて換気を良くし、マスク、手袋、エプロンを着用しましょう。

<嘔吐物、糞便の処理方法>

  • ウイルスが飛散しないように、ペーパータオルなどで嘔吐物などを拭き取る。
  • 0.02%の次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭き取り、その後、水拭きする。
  • 拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋に密閉して廃棄する。
    (0.1%の次亜塩素酸ナトリウムを入れることが望ましい)

<嘔吐物がリネン類などに付着した場合の処理方法>

  • リネン類は、付着した嘔吐物が飛散しないようにペーパータオルなどで拭き取る。
  • 汚染部分を水で洗った後、0.02%の次亜塩素酸ナトリウム、または熱湯(85℃・1分間以上)で消毒し、他の洗濯物とは別に洗濯する。
    (次亜塩素酸ナトリウムには漂白作用があるので注意が必要)

<家屋内など環境の消毒>

  • 0.02%の次亜塩素酸ナトリウムでドアノブなどを拭き取る。
    (次亜塩素酸ナトリウムには金属腐食作用があるので、消毒後、十分に拭き取る)

【0.02%次亜塩素酸ナトリウムの作り方】

  • 市販の塩素系家庭用漂白剤(原液濃度が6%)の場合、300倍に希釈する。
    →原液10mlに水を入れて、全体を3リットルにする。

【0.1%次亜塩素酸ナトリウムの作り方】

  • 市販の塩素系家庭用漂白剤(原液濃度が6%)の場合、60倍に希釈する。
    →原液50mlに水を入れて、全体を3リットルにする。

早期受診

早期に診断し、治療を受けることが重症化や二次感染を防ぐことになるため、自己判断で下痢止め薬を使用せず、症状がある時は医療機関を受診しましょう。

その他

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課感染症対策室感染症対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-44-2620

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kenkozoshin@pref.miyazaki.lg.jp