トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 母子保健 > 母子保健推進員の活動について

ここから本文です。

更新日:2018年9月22日

母子保健推進員の活動について

母子保健推進員とは・・・

  • 県民の皆さんが安心して妊娠・出産・育児ができるよう、市町村の母子保健事業に積極的に協力することで、家庭と行政との架け橋となって活動していただいている方々です。
  • 母子保健推進員には、母子保健に熱意を持っている人や保健師、助産師などの資格を持っている在宅者など、地域の母子保健向上に熱心に取り組んでいただける方に市町村が委嘱しています。
  • お母さんとお子さんの健康などについての「良き聴き役・相談役」として、お母さん、お子さんの健康で明るい家庭づくりをお手伝いします。
  • お母さんやお子さんを支援するための母子保健に関する研修会にも積極的に参加していただいております。
  • 現在、県内の16市町において、254名の方々が母子保健推進員として活躍されております。(平成30年3月31日現在)

母子保健推進員の主な仕事

  1. 妊婦さん、赤ちゃんのいるお宅を家庭訪問します。
  2. 乳幼児健診(1歳6か月健診・3歳児健診等)の受付や計測、診察介助のお手伝いをします。
  3. お母さんやお子さんの健康についての悩み等について、相談にのります。

注意:その他、具体的な活動内容については、各市町村へお問い合わせください。

母子保健推進員に関するお問い合わせ先

お住まいの各市町村窓口へお問い合わせください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7079

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kenkozoshin@pref.miyazaki.lg.jp