トップ > 県政情報 > 広報・広聴 > 県政Q&A(こんなときはどうぞ) > 税金 > 県税の申告、納税の期限及び納税の方法は?

ここから本文です。

更新日:2018年1月16日

県税の申告、納税の期限及び納税の方法は?

(「税金」Q2)

県税の申告、納税の期限及び納税の方法を一覧表にまとめると、下記のとおりです。

税目 申告期限 納期 方法
個人県民税 給与以外の所得者は、3月15日
(所得税の確定申告をしたものは不要)
一般的には、6月・8月・10月及び1月 普通徴収
給与所得者は1月末日
(この場合は給与支払者が給与支払報告書を提出)
給与支払者が、6月から翌年5月まで毎月徴収して
翌月10日までに市町村に納入
特別徴収
法人県民税 確定申告は事業年度終了の日から2か月以内 申告期限と同じ 申告納付
利子割県民税 毎月分を翌月10日 申告期限と同じ 申告
納入
県民税配当割 毎月分を翌月10日 申告期限と同じ 申告納入
県民税株式等
譲渡所得割
年間分を一括して、翌年1月10日 申告期限と同じ 申告納入
個人事業税 3月15日
(所得税の確定申告をした者または個人住民税の申告をした者は不要)
8月及び11月 普通徴収
法人事業税
(地方法人特別税)
確定申告は事業年度終了の日から2か月以内 申告期限と同じ 申告納付
地方消費税 【個人】確定申告は当年分を翌年3月末日 申告期限と同じ 申告納付
【法人】確定申告は事業年度終了の日から2か月以内 申告期限と同じ 申告
納付
不動産取得税 取得した日から60日以内 納税通知書で定められた日 普通徴収
県たばこ税 毎月分を翌月末日 申告期限と同じ 申告納付
ゴルフ場利用税 毎月分を翌月15日 申告期限と同じ 申告納入
自動車税 取得・変更するとき 5月 普通徴収
新規登録のとき 証紙
徴収
鉱区税 取得、消滅又は変更の日から7日以内 5月 普通徴収
狩猟税 狩猟者の登録を受けるとき 申告期限と同じ 証紙徴収
自動車取得税 登録または届出のとき 申告期限と同じ 証紙徴収
軽油引取税 毎月分を翌月末日
(元売・特約以外の者が軽油を輸入した場合は、輸入許可のときまで)
申告期限と同じ 申告納入
(納付)
産業廃棄物税 3ヶ月分を翌月末までに申告 申告期限と同じ 申告納入
(納付)

納税方法について

  • 普通徴収-県から納税者に納税通知書が送付され、その納税通知書により納税します。
  • 特別徴収-県にかわって経営者等が税金を受け取り、納税します。
  • 申告納付-納税者が、納める税金を申告し納税します。
  • 申告納入-県にかわって特別徴収義務者が税金を受けとり、申告し納税します。
  • 証紙徴収-県が発行する証紙により税金を納税します。

お問い合わせ・担当部署

県税・総務事務所(連絡先等は「出先機関一覧(総務関係)」をご覧下さい)