トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 火山災害情報 > 霧島山の火山活動に関する情報提供 > えびの高原の硫黄山周辺における新たな噴気地帯について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年2月16日

えびの高原の硫黄山周辺における新たな噴気地帯について

えびの高原(硫黄山)周辺において、以前噴気のあった地帯において、噴気が確認され、硫化水素が観測されたため、注意喚起の看板を設置の上、立入禁止とし、ガス測定を実施することにしましたのでお知らせします。

1.新たな噴気地帯について

(1)地点

硫黄山火口付近登山道から東に約40メートル離れたところ

考:別紙参照

(2)対応

えびの市が、登山道から外れないよう注意看板を設置し、噴気発生地点にロープを敷設

(30m×50m四方)

地図

地図2

2.ガス測定について

本地点は、これまでガス測定を実施していない地点でしたが、ガスの発生を受け、今後、定期的に手動測定を行い、ガスの発生状況を監視していきます。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課危機管理担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7064

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp