トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 火山災害情報 > 霧島山の火山活動に関する情報提供 > えびの高原(硫黄山)周辺における火山ガスによる立入禁止区域の拡大等の対応について(平成29年4月29日追記あり)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年4月29日

えびの高原(硫黄山)周辺における火山ガスによる立入禁止区域の拡大等の対応について(平成29年4月29日追記あり)

えびの高原(硫黄山)周辺においては、火山ガスによる立入規制を実施していましたが、火山ガスの範囲が広がっているため、平成29年4月28日(金曜)正午から、立入禁止区域を拡大し、範囲内の県道1号(小林えびの高原牧園線)についても歩行者通行禁止としますのでお知らせします。

また、硫黄山が隆起する変動が観測されていますので、引き続き火山情報に注意してください。

なお、池巡り自然探勝路及び韓国岳登山道は利用できます。

  ※韓国岳登山道では、規模の小さな噴出現象が突発的に発生し、影響する可能性があることから、韓国岳登山道の迂回路を新たに設置しました。(平成29年4月29日追記)

1.火山ガスに伴う立入禁止区域(警戒区域)について

  • (1)硫黄山火口周辺区域「A」…継続
  • (2)硫黄山の県道南西側の区域「B」…南西方向に拡大(別紙地図赤網掛け部分)
    • ただし、「B」の範囲内の県道1号(小林えびの高原牧園線)は歩行者通行禁止(車両は通行可。駐停車禁止)とします。
  • (3)硫黄山の南西側の韓国岳登山道南側の区域「C」…新設
    平成29年2月に発生した噴気地帯「C」については、2月15日に、ロープを敷設し、立入らないよう呼びかけていましたが、今回「A」及び「B」と同様、警戒区域に設定し、立入禁止とします。

地図

 広域地図3

 

注1:平成29年4月29日の、韓国岳登山道迂回路の設置に伴い、地図を更新しました

2.ガス測定について

4月26日から、「B」拡大地点の手動火山ガス測定(M22)を開始し、引き続き火山ガスの発生状況を監視していきます。また、4月3日に設置した自動ガス測定機3機(M1,M12,M14)の測定結果についても、4月28日から公開を開始します。

3.防災上の注意事項

  • 硫黄山周辺を散策する際は、最新の火山ガスの情報に注意してください。
  • 県道を車両により通行する場合は、速やかに通過してください。
  • 立入禁止区域には絶対立ち入らないでください。
  • なお、池巡り自然探勝路及び韓国岳登山道は利用できます。

お問い合わせ

火山防災全般に関すること
・宮崎県危機管理課(電話番号:0985-26-7618)
立入規制及び立入禁止区域に関すること
・えびの市基地・防災対策課(電話番号:0984-35-1119)
県道に関すること
・宮崎県道路保全課(電話番号:0985-26-7182)
登山道に関すること
・宮崎県自然環境課(電話番号:0985-44-2624)
・えびの市基地・防災対策課(電話番号:0984-35-1119)
噴火警報等に関すること
・宮崎地方気象台(電話番号:0985-25-4032)