トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 火山災害情報 > 霧島山(新燃岳)の火口周辺警報(噴火警戒レベル3)の警戒範囲が縮小されました(11月6日更新)

ここから本文です。

更新日:2017年11月7日

霧島山(新燃岳)の火口周辺警報(噴火警戒レベル3)の警戒範囲が縮小されました(11月6日更新)

平成29年11月6日に、県道104号の規制解除の情報を更新しました。
平成29年10月31日午後2時00分に、霧島山(新燃岳)の噴火警報(噴火警戒レベル3(入山規制))に伴う警戒が必要な範囲が3kmから2kmに縮小されました。

弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。
風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
また、爆発的噴火に伴う大きな空振による窓ガラスの破損や降雨時の土石流にも注意してください。
地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。

警戒範囲の縮小に伴う規制等の変更については、
下記リンク「霧島山(新燃岳)の警戒範囲縮小に伴う規制等の変更について」を御確認ください。

最新の火山情報は、気象庁・気象台ホームページを参照してください。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7618

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp