トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 火山災害情報 > 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベル引下げに伴う規制等の変更について(最終更新日:平成30年9月26日)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年9月26日

霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベル引下げに伴う規制等の変更について(最終更新日:平成30年9月26日)

平成30年5月1日(火曜)午後2時に、霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の、噴火警戒レベルがレベル3(入山規制)からレベル2(火口周辺警報)へ引下げられたことを受け、次のとおり、立入規制を変更します。

えびの高原の硫黄山から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。風下側では、降灰及び風の影響を受ける小さな噴石(火山れき)に注意してください。

なお、道路を通行する際は、現地の通行規制に従ってください。

1制解除・縮小

(1)日時

平成30年5月1日(火曜)午後2時

(2)規制等の変更内容

1.立入規制の縮小(えびの市)

  • 硫黄山からおおむね2kmの範囲から約1km以内(別図1の赤実線の範囲)への縮小
  • えびのエコミュージアムセンターから西側の施設等は、利用できます(別図1-2参照)
  • 新燃岳の噴火警戒レベルは、平成30年6月28日にレベル2に引き下げられ、警戒範囲は2kmになりました。(平成30年9月26日更新)

硫黄山登山道規制(新燃警戒範囲2km)

利用可能施設

2-1県道1号(小林えびの高原牧園線)の一部区間の通行規制を解除(5月1日15時)(別図2の青色で示す区間)

えびの高原(県道30号えびの高原小田線との交点)から鹿児島県境まで(約0.3km。別図2の青色で示す区間)

平成30年7月12日(木曜日)13時、小林市南西方(料金所跡)からえびの市末永(えびの高原北展望所〔原田展望所〕までの通行規制を解除(約8km。別図2の赤の二重線で示す区間)

ただし、小林市南西方(料金所跡)からえびの市末永(えびの高原北展望所〔原田展望所〕までの大型車の通行規制及びえびの市末永(えびの高原北展望所〔原田展望所〕からえびの高原(県道30号えびの高原小田線との交点)までの区間(約5km。別図2の赤の実線で示す区間)は、全面通行止めの規制継続中ですので注意して下さい。

2-2県道30号(えびの高原小田線)の通行規制を解除(5月1日15時)

えびの市大字末永(白鳥展望所)からえびの高原(県道1号小林えびの高原牧園線との交点)まで(約6.4km。別図2の青色で示す区間)

県道30号(えびの高原小田線)を利用して、えびの市からえびの高原を経由して鹿児島県への通行は可能です。

えびのエコミュージアムセンターから西側の施設等は、利用できます。

県道1号規制状況30年7月12日

3.登山道(県、えびの市)の通行止め

立入規制区域内の登山道を通行禁止

別図3の池巡り自然探勝路の一部、えびの岳登山道、甑岳登山道は、5月2日(水曜日)午前9時から利用可能です。

また、えびの岳登山道は、5月1日(火曜日)午後3時から利用可能となっています。

に、夷守岳登山口から夷守岳~丸岡山~大幡池~大幡山に至る登山道及び大幡山登山口から大幡池~大幡山に至る登山道は、7月18日(水曜日)から利用可能となっています。

別図37月18日

2霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベル(平成29年12月1日運用開始)

硫黄山リーフレット1

硫黄山リーフレット2

硫黄山リーフレット3

硫黄山リーフレット4

3の他

  • 平成30年2月20日午後2時:宮崎県情報連絡本部を継続
  • 平成30年4月19日午後4時30分:えびの市災害警戒本部を継続
  • 平成30年5月1日午後2時:小林市情報連絡本部へ移行

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

・立入規制に関すること
 えびの市基地・防災対策課 電話番号:0984-35-1119
・県道に関すること
 宮崎県道路保全課 電話番号:0985-26-7182
・登山道に関すること
 宮崎県自然環境課自然公園室 電話番号:0985-44-2624
 えびの市観光商工課 電話番号:0984-35-1114
・上記以外に関すること
 宮崎県危機管理課 電話番号:0985-26-7618