トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 火山災害情報 > 霧島山の火山活動に関する情報提供 > <更新>新燃岳の警戒範囲縮小に伴う規制等の変更について(平成30年7月18日更新)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年7月18日

更新>新燃岳の警戒範囲縮小に伴う規制等の変更について(平成30年7月18日更新)

  • 7月18日(水曜日):大幡山に至る登山道の開放に伴い、登山道規制の内容と別図2を更新しました。
  • 7月12日(木曜日):県道1号の道路規制変更に伴い、道路規制の内容と別図1を更新しました。
  • 7月2日(月曜日):別図2を修正しました。

平成30年6月28日(木曜日)午前11時に、新燃岳の噴火警報が、噴火警戒レベル3(入山規制)から噴火警戒レベル2(火口周辺規制)に引き下げられ、警戒の必要な範囲が、3kmから2kmに縮小されました。

これに伴い、規制等の変更を行いますので、お知らせします。

硫黄山の噴火警報(噴火警戒レベル2)は継続されていますので、引き続き火山情報に注意してください。

また、現地での規制に従って下さい。

1.新燃岳の警戒範囲縮小の発表

平成30年6月28日(木曜)午前11時

福岡管区気象台及び鹿児島地方気象台が発表

2.規制の解除について(別図参照)

警戒範囲の縮小を受けて、以下の規制を解除(別図参照)(硫黄山の噴火警戒レベル2に伴う規制は継続していますので注意してください。)

  • (1)道路規制(7月12日(木曜日)、県道1号の規制の一部が解除されました。)
    安全を確認後、鹿児島県の県道104号(霧島公園小林線)の霧島市牧園町新湯三叉路から霧島市霧島田口高千穂河原間の通行規制(全長6.8km)を解除(別図2)
    • 7月12日(木曜日)13時、県道1号(小林えびの高原牧園線)の小林西方(料金所跡)からえびの市末永(えびの高原北展望所〔原田展望所〕)間の通行規制(約8km)を解除
      ただし、大型車については、規制が継続中ですので注意して下さい。(別図1)
    • 県道1号(小林えびの高原牧園線)のえびの市末永「えびの高原北展望所(原田展望所)」からえびの高原(県道30号えびの高原小田線との交点)間(約5Km)は、全面通行止めの規制継続中です。(別図1
  • (2)登山道規制(別図2を一部修正しました。(30年7月18日)
    安全を確認後、大浪池を経由して韓国岳に登る登山道及び高千穂河原から中岳に登る登山道の一部(中岳探勝路)の規制(鹿児島県)を解除
    • 平成30年7月18日(水曜日)、次の登山道の規制が解除されました。
      1. 夷守岳登山口から夷守岳~丸岡山~大幡池~大幡山に至る登山道
      2. 大幡山登山口から大幡池~大幡山に登る登山道
    • 利用可能な登山道については、別図2を御覧ください。
    • 韓国岳山頂(9合目)から硫黄山方面及び新燃岳周辺の登山道は引き続き規制中です。
    • 利用可能な登山道も、足下が滑りやすいので、登山の際には十分注意してください。

道路規制状況30年7月12日

別図27月18日

注意:参照別紙には、硫黄山の噴火警戒レベル引上げに伴う立入規制を含みます。

島山の火山活動に関する情報提供のページ

3.新燃岳の噴火警戒レベル

噴火警戒レベル新燃え1

新燃え2

新燃え3

新燃え4

4.その他

新燃岳の噴火警報に伴う警戒が必要な範囲は2kmに縮小されましたが、硫黄山の噴火警戒レベル2は継続していますので、引き続き、火山情報に十分注意してください。します。

参考:これまでの新燃岳の経緯

年月日

噴火警戒レベル

防災対応

平成23年1月26日

レベル2→レベル3

入山規制(警戒が必要な範囲2km)

平成23年1月31日

レベル3(変動なし)

同(警戒が必要な範囲を2kmから3kmに拡大)

平成23年2月1日

レベル3(変動なし)

同(警戒が必要な範囲を3kmから4kmに拡大)

平成23年3月22日

レベル3(変動なし)

同(警戒が必要な範囲を4kmから3kmに縮小)

平成24年6月26日

レベル3(変動なし)

同(警戒が必要な範囲を3kmから2kmに縮小)

平成25年10月22日

レベル3→レベル2

火口周辺規制(警戒が必要な範囲1km)

平成29年5月26日

レベル2→レベル1

活火山であることに留意(火口内立入禁止)

平成29年10月5日

レベル1→レベル2

火口周辺規制(警戒が必要な範囲1km)

平成29年10月11日

レベル2→レベル3 入山規制(警戒が必要な範囲2km)
平成29年10月15日 レベル3(変動なし)

同(警戒が必要な範囲を2kmから3kmに拡大)

平成29年10月31日

レベル3(変動なし)

同(警戒が必要な範囲を3kmから2kmに縮小)

平成30年3月1日 レベル3(変動なし) 同(警戒が必要な範囲を2kmから3kmに拡大)
平成30年3月10日 レベル3(変動なし) 同(警戒が必要な範囲を3kmから4kmに拡大)
平成30年3月15日 レベル3(変動なし)

同(警戒が必要な範囲を4kmから3kmに縮小)

平成30年6月28日 レベル3→レベル2

火口周辺規制(警戒が必要な範囲2km)

関連リンク

  1. 宮崎地方気象台ホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

各登山道について(登山道管理者)
・夷守岳~大幡山
 小林市商工観光課/担当:斉藤/電話:0984-23-1174
・大浪池~韓国岳、高千穂河原~中岳
 鹿児島県観光課/担当:迫田、皆内/電話:099-286-3005
宮崎県側県道規制について
・宮崎県道路保全課/担当:黒岩/電話:0985-26-7182
噴火警報・予報について
・宮崎地方気象台/担当:植村/電話:0985-25-4032
警戒避難体制全般について
・宮崎県危機管理課/担当:長友、米満/電話:0985-26-7618