トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 熊本地震・東日本大震災支援 > 熊本地震の発生から3年を迎えるにあたり

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年4月12日

熊本地震の発生から3年を迎えるにあたり

県民の皆さまへ熊本地震の発生から3年を迎えるにあたり~

熊本地震の発生から3年が経とうとしています。この災害により犠牲となられた方々にあらためて哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

本県としては、引き続き、市町村と連携して職員を長期派遣し、被災地の復興支援に取り組んでいるところです。今後とも県民の皆様と力を合わせ、被災地の早期復興に向けた取組を支援してまいります。

昨年も西日本豪雨、北海道胆振東部地震など全国的に大きな自然災害が相次いで発生しました。本県においても、南海トラフ地震や津波等の発生による甚大な被害が懸念されているところです。

また、毎年のように発生する台風・集中豪雨等による風水害や霧島山の火山活動など、県内全域で自然災害への警戒を強める必要があり、県民一人ひとりが、「常在危機」の意識のもと、日頃からの備えをしっかりと進めていくことが肝要です。

昨年度実施しました「津波避難等に関する県民意識調査」では、地震が発生した場合に早期避難すると回答した人の割合や、食料等の備蓄を行なっている人の割合は約4割という結果でありましたが、県民の皆様には、自分の命は自分で守る「自助」、地域で支え合う「共助」の意識をもっていただくとともに、防災・減災のため「耐震化」、「早期避難」、「備蓄」の3つの行動により一層取り組んでいただきますようお願いいたします。

県におきましても、国や自衛隊、警察、消防等の関係機関と連携を深め、「公助」の充実に努めてまいります。

今後とも、被災された方々への支援と、本県で想定される様々な危機事象への備えについて、県民の皆様の御理解と御協力を心よりお願い申し上げます。

平成31年4月12日

宮崎県知事河野俊嗣

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課防災計画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7066

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp