マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年11月4日

国民保護に関する取組について

平成16年6月に「国民保護法」(注1)が成立し、同年9月に施行されました。

この法律は、我が国が武力攻撃等を受けたときの対処に関する基本理念、国・地方公共団体の責務などを定めた「武力攻撃事態対処法」(注2)の基本的枠組みの下で整備された個別の法制であり、武力攻撃事態等において国民の生命、身体及び財産を保護し、武力攻撃に伴う被害を最小にすることができるよう、国や地方公共団体等の役割分担やその具体的な措置が規定されています。

  • 注1:正式名称は「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」
  • 注2:正式名称は「武力攻撃事態等及び存立危機事態における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律」

国民保護法のポイント

  1. 武力攻撃事態等において、国民の生命・身体及び財産の保護を図ることを目的としています。
  2. 武力攻撃事態等における国、地方公共団体、指定公共機関等の責務や役割分担を明確にし、国の方針の下で国全体として万全の措置を講ずることができるようにしています。
  3. 住民の避難に関する措置、避難住民等の救援に関する措置、武力攻撃災害への対処に関する措置等について、その具体的な内容を定めています。
  4. 国民の保護のための措置を実施するに当たっては、国民の基本的人権の尊重に十分な配慮がなされます。

宮崎県の取組

県においては、「宮崎県国民保護計画」を作成するなど、有事の際に、住民の避難や救済等を的確かつ迅速に実施するための体制整備を推進しています。
市町村及び指定地方公共機関においても、平成19年度までに国民保護(業務)計画を作成しています。

  • 平成18年3月:「宮崎県国民保護計画」を作成
  • 平成19年1月:一部変更
  • 平成20年3月:一部変更
  • 平成21年3月:一部変更
  • 平成24年3月:一部変更
  • 平成26年2月:一部変更
  • 平成26年11月:一部変更
  • 平成28年4月:一部変更

宮崎県国民保護計画ダウンロード

個別ダウンロード

関係法令等のリンク

部サイトにリンクします。

参考資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課危機管理担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7618

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp