トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 防災への備え・啓発 > 3月は「減災行動月間」~生き延びる「自分」になる~

ここから本文です。

更新日:2018年3月9日

3月は「減災行動月間」~生き延びる「自分」になる~

「減災行動」を始めてください!

南海トラフ巨大地震等の大規模災害から自分の「命」を守り、被害を軽減させるために、県民一人ひとりがきちんと災害に備えることが大切です。

  1. 住宅の改修や家具の固定などを行い、地震に備える「耐震化」
  2. 津波や洪水などから迅速に安全な場所に避難する「早期避難」
  3. 停電や断水、食料などの物資不足に備える「備蓄」

この3つの「減災行動」が、県民一人ひとりに求められています。

大規模災害から生き延びる「自分」になるために、あなたに適した「減災行動」を始めてください。

減災行動月間早期避難ロゴ

減災行動月間備蓄ロゴ

減災行動月間耐震化ロゴ

生き延びる「自分」になるために

「減災行動」で生き延びる「自分」になるために、次のようなことに取り組んでみましょう。

  1. 「自宅の耐震化」で、生き延びる「自分」になる。
  2. 「家具の固定」で、生き延びる「自分」になる。
  3. 「避難ルートの確認」で、生き延びる「自分」になる。
  4. 「お・は・し・も」を守って、生き延びる「自分」になる。
  5. 「わが家の備蓄」で、生き延びる「自分」になる。
  6. 「自分に必要な備蓄」で、生き延びる「自分」になる。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課防災計画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7064

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp