トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 熊本地震・東日本大震災支援 > 東日本大震災の発生から7年を迎えるに当たり

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月9日

東日本大震災の発生から7年を迎えるに当たり

県民の皆さまへ~東日本大震災の発生から7年を迎えるに当たり~

日本大震災の発生から、7年が経とうとしています。

改めて、この未曾有の大災害により犠牲となられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
そして、現在でも、全国でおよそ7万3千人の方々が、各地で避難生活を余儀なくされている状況に思いをはせ、1日も早い復興を祈りたいと思います。

たる3月11日には、政府主催の「東日本大震災七周年追悼式」が開催されます。震災により犠牲となられた方々に対し哀悼の意を表すべく、地震が発生した午後2時46分に1分間の黙とうを捧げ、心から御冥福をお祈りすることとされております。
の時刻に合わせて各地でサイレンが吹鳴される予定ですので、県民の皆様におかれましても、それぞれの場所で黙とうを捧げていただきますようお願いいたします。

県では、口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火という一連の災害において、東日本を含む全国から温かい御支援をいただきました。その感謝の気持ちを「みやざき感謝プロジェクト」として、震災からの復興の進捗とともに変化する被災地・被災者の状況やニーズに合わせて支援を行なっております。

私も今年の1月末に福島県を訪問し、内堀福島県知事や木幡福島市長と復興の状況や今後の展望等について意見交換をさせていただきました。。復興に向け着実な歩みを進めていくためには、息の長い取組が必要であり、今後とも、被災地に思いを寄せつつ、市町村や関係団体等の皆様と連携しながら、復興に向けた支援を継続して参りたいという思いを、改めて強くしたところです。

本県におきましても、南海トラフ地震をはじめとする地震や津波、霧島山の火山活動、毎年のように発生する台風など、様々な災害への警戒を怠ることはできません。常在危機の意識の下、日頃からの備えをしっかりと進めていくことが肝要です。

民の皆様におかれましても、水や食料品の備蓄、住宅の耐震化や家具などの固定、避難場所の確認や災害時の家族の連絡方法を決めるなど、日頃から災害に備えていただくとともに、消防団や防災士、自主防災組織等との連携により、地域でお互いを助け合う取組も併せて進めていただきますようお願いいたします。

助・共助・公助のバランスの取れた、あらゆる危機事象にしなやかに対応できる宮崎県を共に築いてまいりましょう。

後とも、東日本大震災の被災地・被災者への支援継続と、本県で想定される様々な危機事象への備えにつきまして、御理解と御協力をいただきますようお願いいたします。

 

平成30年3月9日

宮崎県知事河野俊嗣

黙とうの実施について

大震災により犠牲となられた方々への哀悼の意を表するため、県民の皆様にも、3月11日の午後2時46分(地震発生時刻)から1分間、黙とうを捧げていただきますようお願いいたします。

なお、同時刻に合わせて、各地域でサイレンが吹鳴される予定です。

みやざき感謝プロジェクト(平成29年度)の主な取組

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課危機管理担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7618

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp