トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 消防・救急 > 学生消防団員活動認証制度について

ここから本文です。

更新日:2019年6月4日

学生消防団員活動認証制度について

1.学生消防団員活動認証制度とは

消防団員として地域貢献をした大学及び各種学校の学生に対して、市町村がその活動を認証することにより、就職活動を支援するものです。
認証を受けた学生は、就職活動のときに交付された証明書を企業等に提出し、自己PRに活用することができます。

2.手続の流れ

学生の求めにより、消防団長が市町村長に推薦を行い、学生は就職活動の際、事業所へ市町村長から交付された認証証明書を提出する。

県内の消防団員は14,536名(平成30年4月1日時点)で、10年前と比べて685名(4.5%)減少しています。
学生消防団活動認証制度は、若者に地域活動への参加を促し、地域防災の担い手である消防団員を育成することを目的としています。

3.事業所のメリット

  • (1)人材の確保
    採用活動において、学業のかたわら地域に貢献してきた意識の高い人材や、組織における団体行動や社会生活など、社会人として必要な経験を積んだ人材を確保できます。
  • (2)危機管理体制の向上
    災害対応の知識や技術を持った消防団経験者を採用することで、災害発生時における初期対応など、事業所の危機管理体制の向上が期待できます。

4.学生のメリット

消防団活動を行うことにより、実践的な災害対応能力が身につくだけでなく、幅広い年代の社会人と交流することで、広い視野を持つことができます。
また、地域貢献の実績が評価されることは学生の自信につながり、更なる成長を促すことが期待されます。

5.学生消防団員の状況

平成30年4月1日時点で、6市町村において45名の学生消防団員が活動しています。
学生消防団活動認証制度については、現在、宮崎市、都城市、延岡市及び綾町が実施しているほか、複数の市町村において検討が行われているところです。

お問い合わせ

総務部危機管理局消防保安課消防担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7627

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-shobohoan@pref.miyazaki.lg.jp