トップ > 観光・文化・交流 > 観光・魅力発信 > 神話のふるさと > 首都圏で「みやざきの神楽」の魅力を発信します

ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

首都圏で「みやざきの神楽」の魅力を発信します

宮崎県では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開会式をはじめ、その他関連セレモニーでの「天岩戸開き神話」の採用や、神楽のユネスコ無形文化遺産登録に向けた取組を進めています。その取組の一環として、国立能楽堂(東京都渋谷区)で祓川神楽(宮崎県高原町)の公演を開催し、首都圏で「みやざきの神楽」の魅力を発信します。

「みやざきの神楽」国立能楽堂公演

  • 日時
    • 平成30年10月11日(木曜日)13時~17時30分(開場12時)
  • 会場
    • 国立能楽堂能舞台(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)
  • 定員
    • 627名(入場無料、要事前申込)※先着順。定員に達し次第締切
  • 内容
    • (1)講演(1時間程度)
      1. 葛西聖司氏(古典芸能解説者・元NHKアナウンサー)
      2. 小川直之氏(國學院大學教授)
    • (2)神楽公演(3時間程度)
      • 祓川神楽(「高原の神舞」として国の重要無形民俗文化財に指定)
  • 申込方法
    FAX・WEBのいずれかでお申込みください。
    1.公演〈能楽堂公演〉2.お名前(フリガナ)3.郵便番号4.住所5.電話番号6.メールアドレス又はFAX番号7.車いすの利用有無8.希望枚数(4名以内)複数名の場合は同行者氏名を記載
    以上の項目を明記ください。

詳細は、添付のチラシをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部みやざき文化振興課 記紀編さん記念事業推進室記紀編さん記念事業担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7099

ファクス:0985-32-0111

メールアドレス:kikihensan@pref.miyazaki.lg.jp