トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > 青少年健全育成 > 宮崎県メディア安全指導員を派遣します

ここから本文です。

更新日:2019年1月11日

宮崎県メディア安全指導員を派遣します

宮崎県では、乳幼児や青少年を取り巻く映像メディア利用の現状、危険性や対処法などを講話する「宮崎県メディア安全指導員」を養成し、県内の学校など様々なところからの要請に応じて派遣しています。

「メディア安全指導員」は、メディア利用に伴う影響や問題点、対応策などを、子どもの育ちに関わる研修会や授業等で、受講者(小・中・高校生・保護者等)の視点に合わせた講話を行います。

子どもは、ゲーム機、スマートフォン、テレビなどの映像メディアに長時間接触することで、脳や目など身体の発達や学業にも様々な影響を受けています。

乳幼児や青少年を取り巻く映像メディアの現状には、日本小児科医会なども警鐘を鳴らしています。小・中・高校生の皆さん、子育て中の保護者の方々、映像メディアとの上手なつきあい方を学んでみませんか?

派遣要領

派遣費用

派遣には、謝金と旅費が必要となります。

詳しくは、公益社団法人宮崎県青少年育成県民会議にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども家庭課家庭・青少年健全育成担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7041

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-katei@pref.miyazaki.lg.jp