トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > ひとり親家庭 > ひとり親家庭等に対する母子父子寡婦福祉資金等の貸付について(新型コロナウイルス関連)

ここから本文です。

更新日:2020年3月27日

ひとり親家庭等に対する母子父子寡婦福祉資金等の貸付について(新型コロナウイルス関連)

  • 今回の新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、ひとり親家庭等の皆様が、学校の休業による子供の看護や職場の休業等の理由により収入が減少し、一時的に生活のお金に困る場合には、母子父子寡婦福祉資金の「生活資金」の貸付が活用できる場合があります。
  • また、現在、母子父子寡婦福祉資金の貸付を受けている方も、新型コロナウイルス感染症の影響により、支払日に返済が難しくなった場合は、1年以内の期間で返済を猶予できる場合があります。
  • なお、この貸付の対象とならない場合も、別の制度である「生活福祉資金」の貸付を活用できる場合があります。※今回、新たな特例貸付制度が実施されます。
  • 詳しくは、以下の窓口までご相談ください。

1.貸付金の概要

<母子父子寡婦福祉資金の生活資金>

  • ひとり親家庭等の生活の安定等のために貸し付ける資金
  • 利率:年1.0パーセント(連帯保証人を立てる場合は無利子)

注意:子を扶養していない寡婦の方で、新型コロナウイルス感染症の影響により生活の状態が著しく困窮していると認められるときは、所得制限を適用しない取扱とする場合があります。

<生活福祉資金>

  • 所得が低い方などの経済的自立を図るために貸し付ける資金
  • 今回、新たに以下の特例貸付を実施

休業された方向け(緊急小口資金)

  • 対象者:新型コロナウイルスの影響により緊急かつ一時的な生計維持の貸付を必要とする世帯
  • 貸付上限額:学校等の休業や個人事業主等の特例の場合20万円以内、その他の場合10万円以内
  • 据置期間:1年以内
  • 返済期限:2年以内
  • 利子・保証人:無利子・不要
  • 申込先:各市町村社会福祉協議会(外部サイトへリンク)

失業された方等向け(総合支援資金)

  • 対象者:新型コロナウイルスの影響を受け失業等により日常生活の維持が困難となっている世帯
  • 貸付上限額:(2人以上)月20万円以内、(単身)月15万円以内
  • 貸付期間:原則3月以内
  • 据置期間:1年以内
  • 返済期限:10年以内
  • 利子・保証人:無利子・不要
  • 申込先:各市町村社会福祉協議会(外部サイトへリンク)

2.お問い合わせ先

<母子父子寡婦福祉資金の生活資金>

宮崎市にお住まいの方は、宮崎市子育て支援課にお問い合わせください

  • 電話番号:0985-21-1765

宮崎市以外の市にお住まいの方

町村にお住まいの方

  • 以下の福祉こどもセンター等

機関名

電話番号

備考

中央福祉こどもセンター 0985-26-1551 日南市・串間市・国富町・綾町
南部福祉こどもセンター 0986-23-4520 都城市・小林市・えびの市・三股町・高原町
北部福祉こどもセンター 0982-35-1700 延岡市・日向市・門川町・美郷町・諸塚村・椎葉村
児湯福祉事務所 0983-22-1404

西都市・高鍋町・新富町・木城町・川南町

都農町・西米良村

西臼杵支庁福祉課 0982-72-2193 高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町
こども家庭課 0985-26-7041  

<生活福祉資金>

宮崎県社会福祉協議会

各市町村社会福祉協議会

宮崎県福祉保健課

  • 電話番号:0985-26-7075

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども家庭課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7041

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-katei@pref.miyazaki.lg.jp