トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > 青少年健全育成 > 宮崎県青少年自然の家指定管理者の募集について

ここから本文です。

更新日:2013年11月29日

宮崎県青少年自然の家指定管理者の募集について

宮崎県では、青少年の宿泊研修施設として、「宮崎県青島青少年自然の家」、「宮崎県むかばき青少年自然の家」及び「宮崎県御池青少年自然の家」(以下「青少年自然の家」とします。)を設置し、自然体験活動や集団宿泊生活等を通じて、心身ともに調和のとれた青少年の健全育成を進めています。

平成15年6月の地方自治法の改正により、公の施設の管理について、指定管理者制度が創設されました。この制度は、多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応し、住民サービスの向上と経費の縮減を図ることを目的としています。

青少年自然の家の管理運営についても、県では、平成18年4月から同制度を導入しており、指定期間が平成25年度で満了するため、第三期指定となる平成26年4月以降の指定管理者を募集します。

>>「5その他」の欄に、第2回選定委員会会議概要の情報を掲載しました。

第2回宮崎県青少年自然の家指定管理者候補者選定委員会会議概要

1日時・場所

  • 日時平成25年10月7日(月曜)午前9時30分~午前11時30分
  • 場所県庁3号館5階351号室

2出席者

  • (1)委員
    佐保委員長、工藤委員、二見委員、根井委員、永野委員
  • (2)事務局
    こども家庭課長こども家庭課桐明、塗木、兼重

3内容

  • (1)施設の選定について
    • 宮崎県青島青少年自然の家(宮崎県青島少年自然の家)
    • 宮崎県むかばき青少年自然の家(宮崎県むかばき少年自然の家)
    • 宮崎県御池青少年自然の家(宮崎県御池少年自然の家)
  • (2)配付資料
    • 【資料1】宮崎県青少年自然の家指定管理者候補者審査要領
    • 【資料1】宮崎県青少年自然の家指定管理者候補者選定委員会配点方法について
    • 【参考資料】宮崎県青少年自然の家指定管理者募集要領

4要旨

申請者がプレゼンテーションを行なった後、各委員からの質疑応答を経て採点を行い、次のとおり選定した。

  • (1)指定管理対象施設
    • 宮崎県青島青少年自然の家(宮崎県青島少年自然の家)
    • 宮崎県むかばき青少年自然の家(宮崎県むかばき少年自然の家)
    • 宮崎県御池青少年自然の家(宮崎県御池少年自然の家)
  • (2)指定管理者候補者
    • 学校法人宮崎総合学院

【詳細は「関連ページへのリンク」→行政改革・行政評価(PDF:183KB)をクリック】

主な質疑応答等

  • 【委員】
    マイクロバスの配置で利用増になっていることはとても良いことである。3施設ともにマイクロバスがあるのか。
    マイクロバスの活用内容について教えてほしい。
  • 【申請者】
    マイクロバスは現在、御池、むかばき青少年自然の家にある。活用については、学校行事での利用であったり、一番多いのは、保・幼稚園の利用である。また、子ども会もよく、利用していただいている。
  • 【委員】
    教育効果を上げるには、相当期間の自然体験学習が必要だと言われているが、逆に2泊が減り1泊が増えているという現状を申請者としては原因はどこにあると考えているのか。
  • 【申請者】
    学校訪問をさせていただいた中で感じるのは、新しい学習指導要領では、各教科・領域の時数が増えており、その確保が重要視されている。そのため、学校行事や特別活動にしわ寄せがきている。しかし、県教育委員会の助言等もあり、徐々に各学校の理解も高まってきている。昨年度は中規模校であるが、3校が2泊に変わっている。今後も粘り強く訴えていけば、もっと御理解をいただけると考える。
  • 【委員】
    休所日なしで行なっているが、利用増につながっている。労働問題にかかわるが、普段はどのように対応しているのか。
  • 【申請者】
    青島青少年自然の家の場合は、利用団体が多く、正月等の利用も多い。そのため、人員増で対応している。
    他の2施設より3名増で対応している。基本的には、現場の声を聴きながら、職員の勤務シフトに問題がないかチェックし、臨機応変に職員の負担にならないように対応している。
  • 【委員】
    普段から経費節減を心がけて行なっていると思うが、具体的な取り組みついて教えてほしい。
  • 【申請者】
    物品を購入する場合、3施設独自に購入するのではなく、他の施設でも必要かを確認し、まとめて安く購入している。また、単価の高いものに関しては、本部の会計課と連携し、学校法人分と合わせて購入していくことでコストを下げるようにしている。
  • 【委員】
    利用者の確保に向けての努力は継続してほしい。情報発信はしていただいているようだが、中・高校生の利用もあるので、そちらへの情報発信もしてほしい。また、学校訪問等を含む営業活動も行なってほしい。

5その他

宮崎県青少年自然の家指定管理者候補者第1回選定委員会(平成25年6月5日開催)

宮崎県青少年自然の家指定管理者候補者第2回選定委員会(平成25年10月7日開催)

質問事項への回答

皆様から寄せられた質問事項にお答えします。

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども家庭課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7041

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-katei@pref.miyazaki.lg.jp