トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > 少子化対策 > 地域少子化対策重点推進交付金活用事業について(平成28年度実施)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年9月20日

地域少子化対策重点推進交付金活用事業について(平成28年度実施)

宮崎県は、結婚・妊娠・出産・育児の「切れ目ない支援」のために行う取組のうち、結婚に対する取組及び結婚、妊娠・出産、乳児期を中心とする子育てに温かい社会づくり・機運の醸成の取組について、国の「地域少子化対策重点推進交付金」を活用して、以下の事業計画に基づき、事業を実施します。

県事業

が主体となり実施する事業。

事業名

崎県結婚・子育て総合支援事業

実施期間

付決定日~平成29年3月25日

地域の実情と課題

宮崎県は、平成27年3月に「みやざき子ども・子育て応援プラン」を作成し、結婚・子育ての総合的な支援を開始しています。(計画期間:平成27年度から平成31年度までの5年間)
この中で、本県の35歳~39歳未婚率は男性29.9%、女性20.8%(平成22年)といずれも上昇を続けていることをはじめ、全国と同様に未婚化・晩婚化の傾向にあります。一方、独身者の約9割がいずれ結婚したいという意向を持っており、独身である理由として最も多いのが「結婚したいと考える相手にめぐり会わないから」が47.6%となるなど、特に独身者にとっての希望が叶う社会づくりが喫緊の課題となっています。
また、子育てをする上での県民意識については、平成26年度には、「非常に不安や負担を感じる」と「なんとなく不安や負担を感じる」を合計すると57.1%となるなど、県民全体で子ども・子育てを応援する気運の醸成が重要となっています。

都道府県における少子化対策の全体像及びその中での本事業の位置づけ

宮崎県は、「みやざき子ども・子育て応援プラン」の中で、以下の4つを基本目標に掲げ、「子どもの育ち」と「子育て」をみんなで支え、「子どもの最善の利益」が実現できるみやざきづくりを進めています。

  1. 地域全体で子育てを支える社会づくり
  2. ライフステージに応じた希望が叶う社会づくり
  3. 子どもの育ちを支える社会づくり
  4. 仕事と生活が調和する社会づくり

施策の具体的内容として、「県民全体で子ども・子育てを応援する気運の醸成」は上記の1に、「活気を生み出す出会いや交流の場の創出」については上記の2に位置づけられています。

事業内容

  • 出会い創出みやざき結婚プロジェクト事業
  • みやざき結婚サポート強化事業

市町村事業

町村が主体となり実施する事業。

宮崎市

  • 宮崎市農業者パートナー等支援事業

意:詳細は、宮崎市のホームページ(外部サイトへリンク)で確認。

都城市

  • 婚活サポーター活用事業
  • いつでもDoki♡Dokiみや婚じょ事業
  • Doki♡Dokiみや婚じょ情報発信事業

意:詳細は、都城市のホームページ(外部サイトへリンク)で確認。

延岡市

  • 発達支援システム実践事業

意:詳細は、延岡市のホームページ(外部サイトへリンク)で確認。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども政策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7056

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-seisaku@pref.miyazaki.lg.jp