トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > 少子化対策 > 『ライフデザインシンポジウム』を開催しました

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月5日

『ライフデザインシンポジウム』を開催しました

国全体で少子高齢化と人口減少が進む中、若い世代がこれらの事実を知り「結婚」や「子育て」を近い将来の自分の事として考えることが大切です。

このシンポジウムでは、ドラマにもなった「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者の海野つなみさんらを招いたトークセッションの他、参加者が自らのライフデザインを考えるワークショップ、大学生アンケート(10月実施)の結果報告を行いました。

シンポジウムチラシ

開催日時・場所

  • 日時:平成30年2月24日(土曜日)午後1時から午後4時
  • 場所:宮崎大学木花キャンパス創立330記念交流会館コンベンションホール

当日の様子

学生・一般の方を含め、約140名の申込みがありました。たくさんの御参加ありがとうございました。

1.大学生アンケート報告

H29ライフデザインシンポ3

(発表した学生の感想)

  • なぜ結婚するのかというのを考える良い機会になった。
  • 就活とかで忙しくなる前のこの時期に、人生について考え、みんなで話し合うという機会を得て良かった。
  • 親以外の大人の経験や意見を聞く場がもっと欲しいと思った。

2.ワークショップ

H29ライフデザインシンポ2

H29ライフシンポ1

  • 大学生アンケートの設問に対し自分はどう考えるかを色紙で答える方法で行いました。自分自身の理想なのか、それを相手に求めるのかなど設問をどうとらえるのかでも違うので、回答に至った考え方も含めて意見交換しないと、相手を理解できないという感想がありました。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども政策課子育て支援担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7056

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-seisaku@pref.miyazaki.lg.jp