トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > 少子化対策 > 『平成29年度ライフデザイン事業』の取組について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年8月16日

『平成29年度ライフデザイン事業』の取組について

国全体で少子高齢化と人口減少が進む中、若い世代がこれらの事実を知り「結婚」や「子育て」を近い将来の自分の事として考えることが大切です。

このため、県では、大学生等を対象にしたアンケート調査、ドラマにもなった「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者の海野つなみさんらを招いたシンポジウム、大学等における出前講座に取り組み、その内容を冊子にまとめましたのでお知らせします。

1.啓発冊子「ライフデザインを考えるために」

2.ライフデザインアンケート

県内10の高等教育機関に御協力いただき、在籍学生約1000人に対しアンケート調査を行いました。依頼数の53.5%に当たる549人から回答をいただきました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども政策課子育て支援担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7056

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-seisaku@pref.miyazaki.lg.jp