イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > <中止>【フォーカスプログラム4】ひなたのめぐみ大学校「先人・神々に感謝~棚田のお米が導く平和の軌跡」

ここから本文です。

更新日:2021年9月28日

<中止>【フォーカスプログラム4】ひなたのめぐみ大学校「先人・神々に感謝~棚田のお米が導く平和の軌跡」

棚田

ジャンル 神話・民俗・歴史|食文化|生活文化
エリア 高千穂町|日之影町
開催日

2021年10月9日(土曜日)8時15分~2021年10月10日(日曜日)

開催時間 8時15分:宮崎駅(日向市駅経由予定)

神楽

農泊体験

概要

【重要なお知らせ】
本ツアーは、最少催行人数を満たさなかったため、イベントの開催を中止します。
詳しくは、下記の第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会トラベルセンターまでお問合せください。


宮崎の食にまつわる研究成果や歴史・生活文化などについて、講話や体験などを通じて学ぶことができるツアー講座を実施します。

貧しい農村に命の水が通った時、この地域の農業は大きな転換期を迎えました。
高千穂のご神事に多用される「麻」から「稲作」へとかわり、今なお受け継がれる美しい農村景観が形成され、世界農業遺産にも認定。
このツアーでは、先人が神々に感謝の気持ちを抱き暮らしてきた生活の様子を楽しく体感し、この圏域の棚田で育まれたお米と文化そして酒について学習します。

日時

開催日

2021年10月9日(土曜日)8時15分~2021年10月10日(日曜日)

開催時間

8時15分:宮崎駅(日向市駅経由予定)

姫泉酒造

石垣の村

内容

1泊2食、4食付き
【行程(予定)】
8時30分宮崎駅→高千穂神社→棚田(高千穂地区)→昼食→稲刈り体験→農泊体験
8時30分農泊→石垣の村(日之影町戸川地区)→姫泉井酒造→道の駅青雲橋

【内容】
1.高千穂神社では、日本神話と米作りについて話を聞き、神楽奉納を鑑賞します。
2.棚田では、実際にもんぺを着用し、稲刈り体験。様子を唄った”刈干切唄”の生演奏も予定してます。
3.宿泊先は、地域の農家にて。交流しながら夕食の準備をしたり一緒に食卓を囲んだり農山村の生活を体験。
4.日本一の石垣の村を散策。
5.酒造の見学。

(農泊とは)
農山漁村において、日本ならではの伝統的亜生活体験や地元の人々との交流を楽しむことが出来る民泊です。夕食を一緒につくたり、郷土料理づくしの食卓を一緒に囲みながら交流し、肌で地域の生活文化に触れることができます。
農泊については、下記ホームページリンク「ツーリズム高千穂郷」からもご確認できます。

【注意事項】
天候や新型コロナ感染状況によっては、行程・内容変更等があり得ますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

開催要項等

募集人数

10名(最少催行人数7名)

費用

20,000円(予定)

申込

第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会トラベルセンターまで

下記関連リンクからご確認できます。
旅行お申し込みの前には、詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、必ずご確認の上うえお申し込みください。

問い合わせ先・詳細情報

主催(問い合わせ先) 第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会トラベルセンター
(株)近畿日本ツーリスト九州宮崎支店内

2021年5月31日(月曜日)から住所・連絡先が変更となっております。
〒880-0805宮崎市中村東3丁目2-25ロイヤルメゾン中村1F
電話番号:0985-44-3011
ファクシミリ:0985-44-3013
メール:miyazaki2020@or.kntk.co.jp
営業時間は9時30分~17時15分です。土曜日は休業日となります。
主管課 第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回障害者芸術・文化祭実行委員会
(宮崎県総合政策部国民文化祭・障害者芸術文化祭課)電話番号:0985-26-7413