イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > 【共に生きて共に感じる芸術文化プログラム】宮崎アーティストファイル「ギフト展」

ここから本文です。

更新日:2021年9月16日

【共に生きて共に感じる芸術文化プログラム】宮崎アーティストファイル「ギフト展」

ギフト展2

ジャンル 美術
エリア 高鍋町
バリアフリー 出入り口には段差がない・スロープがある|施設内通路には段差がない・スロープがある|筆談での対応が可能である|授乳室がある|おもいやり駐車場がある|多目的トイレがある
開催日

2021年10月2日(土曜日)10時00分~2021年10月17日(日曜日)17時00分

開催時間 10時から17時まで(入館は16時30分まで)ただし、4日(月曜日)、11日(月曜日)は休館日
会場 高鍋町美術館

ギフト展チラシ

ギフト展チラシ2

概要

高鍋町美術館が、平成27年より県内のアーティストに光を当てるために実施している企画展「宮崎アーティストファイル」を、障がい者アーティストに焦点を絞って開催します。作家に与えられた芸術性を「ギフト」と称して注目し、作家へのインタビューを通して作品の素晴らしさの背景に迫ります。また、国内外で活躍するゲストアーティスト藤岡祐機氏(熊本県在住)の公開制作や、触れて鑑賞できる立体作品の展示なども実施予定です。

日時

開催日

2021年10月2日(土曜日)10時00分~2021年10月17日(日曜日)17時00分

開催時間

10時から17時まで(入館は16時30分まで)ただし、4日(月曜日)、11日(月曜日)は休館日

会場

高鍋町美術館

住所 高鍋町大字南高鍋6916-1
ホームページ 高鍋町美術館(外部サイトへリンク)

内容

「ギフト」とはその名のとおり「贈り物」を意味します。個人の「芸術性」は、障がいの有無にかかわらず、個人に贈られたギフトであり、その素晴らしさに着目する企画展です。本展は、私達には身の回りにあふれる才能を見過ごしていないだろうか、と問いかけます。

【ゲスト作家】
藤岡祐機(熊本県・切り絵)
【出品作家】(50音順)
伊藤有紀恵(宮崎市・セロハン貼り絵)
井上健太郎(日向市・クレパス画)
大庭康紀(高鍋町・陶芸)一部、触れて鑑賞可
黒河修介(宮崎市・シャープペンシル画)
後藤拓也(日向市・立体)
﨑村昇平(宮崎市・色鉛筆画)
椎葉達也(日向市・アクリル画)
鈴木健太(日向市・木彫)一部、触れて鑑賞可
樚本耕一(日南市・陶芸)一部、触れて鑑賞可
中武卓(宮崎市・クレパス画)
野海靖治(宮崎市・書)
山村崇純(都農町・ペン画)

【関連イベント】
10月2日(土曜)午後2時から3時_高鍋町美術館学芸員によるギャラリートーク※予約不要、ただし40名以上で入場制限
10月9日(土曜)午後2時から4時_講演会「障がい者美術のいま」※要電話予約、定員100名
講師:保坂健二朗氏(滋賀県立美術館ディレクター)
10月16日(土曜)午後2時から3時_映画「花子」上映会※要電話予約

開催要項等

費用

無料(ただし、関連イベントは要電話予約)

申込

関連イベントについては、下記問い合わせ先まで申込みください。

問い合わせ先・詳細情報

主催(問い合わせ先) 高鍋町美術館
〒884-0003児湯郡高鍋町大字南高鍋6916-1
電話番号:0983-23-8887
ファックス:0983-23-8890
主管課 第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回障害者芸術・文化祭実行委員会
(宮崎県総合政策部国民文化祭・障害者芸術文化祭課)電話番号:0985-26-7412)

会場(高鍋町美術館)に関する情報
○交通機関
高鍋駅では、ホームの構造上、車椅子で電車を乗降することができません。御注意ください。
高鍋駅から会場までは、バスの本数が少ないため御注意ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。