イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > <終了>【共に生きて共に感じる芸術文化プログラム】映画「記記録憶」

ここから本文です。

更新日:2021年10月18日

<終了>【共に生きて共に感じる芸術文化プログラム】映画「記記録憶」

映画(あらすじ)

ジャンル 文化一般
エリア 宮崎市
バリアフリー 出入り口には段差がない・スロープがある|施設内通路には段差がない・スロープがある|筆談での対応が可能である|音声・点字案内がある|授乳室がある|車いす用観覧席がある|おもいやり駐車場がある|多目的トイレがある
開催日

2021年10月15日(金曜日)~2021年10月17日(日曜日)

会場 宮崎県立美術館1階アートシアター

チラシ表

ちらし裏

概要

芸文祭では、「記録」と「記憶」のパートが交互に進行する映画「記記録憶」を上映します。テーマは”災厄から希望へ”です。
「記録」:8月21日に三股町立文化会館で実施した演劇公演「ゆかいアート村で会いましょう」出演者が本番を迎えるまでを追ったドキュメンタリーパート
「記憶」:耳の聞こえない2人が、なくした記憶を取り戻すための旅をたどるドラマパート

日時

開催日

2021年10月15日(金曜日)~2021年10月17日(日曜日)

開催時間

会場

宮崎県立美術館1階アートシアター

住所 宮崎市船塚3-210
ホームページ 宮崎県立美術館(外部サイトへリンク)

県立美術館(外観)

内容

みやざき自主映画祭で2017年に「銀のはにわ賞」を受賞し、現在、連続短編ドラマ「lifehack」をYouTubeで配信している伊達忍氏が、演技に初挑戦のキャストと共に、障がいのある人もない人も共に楽しめる作品を制作しました。全編、字幕付きです。

日時:令和3年10月15日(金曜)13時~14時、15時~16時
令和3年10月16日(土曜)11時~12時、13時~14時、15時~16時
令和3年10月17日(日曜)11時~12時、13時~14時

開催要項等

募集人数

20人(事前申込不要です。定員を超えた場合、入場制限を行います)

費用

無料

問い合わせ先・詳細情報

主管課 第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回障害者芸術・文化祭実行委員会
(宮崎県総合政策部国民文化祭・障害者芸術文化祭課)
電話番号:0985-26-7412
FAX:0985-26-7414

会場(県立美術館)に関する情報
○会場外
・敷地内に3つの建物が存在しております(メディキット県民文化センター、県立美術館、図書館)。県立美術館は、一番西側にある上記写真の建物です。
・おもいやり駐車場(障がい者用等駐車場)については、劇場敷地内に7台ございます。また、障害者駐車場は総合文化公園北駐車場に14台、南駐車場に20台ございます。
・点字ブロックや案内看板が見えづらい所がございます。
・会場外を車椅子で通行する場合、落ち葉等で滑る恐れがありますので、御注意ください。
・会場外を車椅子で通行する場合、思わぬ段差や傾斜にバランスを崩す恐れがありますので、御注意ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。