トップ > 社会基盤 > 道路・交通 > 高速道路 > 高速道路に関する知事コメント > 東九州自動車道「日南東郷IC」、「(仮)奈留IC」のフルIC化に向けた手続き着手について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年7月29日

東九州自動車道「日南東郷IC」、「(仮)奈留IC」のフルIC化に向けた手続き着手について

知事コメント

日、国土交通省から、東九州自動車道「日南東郷IC」、「(仮)奈留IC」について、上下線のどちらの方面にも出入りができるフルIC化に向けた手続きに着手するとの発表がありました。

れまでの計画では「日南東郷IC」は宮崎市方面、「(仮)奈留IC」は志布志市方面との出入りしかできないハーフICとされておりました。

ルIC化が実現すれば、日南市及び串間市における高速道路の利便性が大きく向上するとともに、産業振興や防災・救命活動等の面で、高速ネットワークによる新たな整備効果が期待できることから、大変嬉しく思っております。国土交通省並びにこれまで長年にわたり整備促進を力強く応援して頂いた皆様に対し、心より感謝を申し上げます。

速道路は、繋がってこそ、その真価が最大限に発揮されるものであり、今回のフルIC化は、唯一未事業化区間として残されている「南郷~奈留」間の事業化に向けて、大きな弾みがつくものと大変期待しております。

といたしましては、引き続き鹿児島県や沿線自治体等と連携を図りながら、東九州自動車道の一日も早い全線開通を目指し、全力で取り組んでまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部高速道対策局高速道対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7200

ファクス:0985-24-1619

メールアドレス:kosokudotaisaku@pref.miyazaki.lg.jp