マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年5月20日

平成30年11月2日開催の宮崎南警察署協議会

日時

平成30年11月2日(金曜)15時~17時30分

出席者

  1. 協議会委員8
  2. 警察署15
    署長、副署長、刑事官、交通官兼地域官、警務課長、会計課長、留置管理課長、生活安全課長、刑事第一課長、刑事第二課長、交通課長、警備課長、地域課長、警務係長

議事の概要

警察業務説明

生活安全課長から治安情勢について、交通課長から交通情勢について説明を受けた。

前回の協議会において提出した「意見書」に対する説明

警備課長から、大規模災害に備えた地域住民の防災意識の向上等のための各種取組状況について説明を受けた。

署長の諮問

なし

委員発言

署長諮問以外の意見

  • 委員が、「横断歩行者妨害の取締り・指導の強化をお願いしたい。」旨発言したところ、交通官から、「現在、横断歩行者妨害の取締りを強化しており、取締りに必要な教養を警察官に行なっている。」旨の説明を受けた。
  • 委員が、「江平五差路などの事故多発地点は、住民に周知させることが大切であるので、新たな情報は教えてほしい。」旨発言したところ、交通官から、「各種会合等での広報を実施しているほか、県警のホームページに事故多発地点を掲示している。」旨の説明を受けた。
  • 委員が、「増加しているサイバー犯罪について、警察の取組を教えてほしい。」旨発言したところ、刑事官から、「サイバー犯罪は、国境なき犯罪であることから、各都道府県と連携して共同捜査を行なっている。捜査員にはサイバー検定を受講させるなどして、特殊な技術・知識の取得に努めている。その他、本部サイバー犯罪対策課が中心となり、県内の大学や情報通信技術をもつ民間会社と連携して知識を取り入れている。また、民間からサイバー技術をもつ人材の配置を検討している。」旨の説明を受けた。

その他

協議後、青島地域総合センターの視察を行なった。

お問い合わせ

宮崎県公安委員会  

〒880-8509 宮崎県宮崎市旭1の8の28

電話:0985-31-0110