マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年4月2日

令和2年10月27日開催の高千穂警察署協議会

開催日時

令和2年10月27日(火曜)15時30分~16時30分

出席者

協議会委員

5

警察署

6

署長、副署長、刑事生活安全課長、地域交通課長、生活安全係長、警備係長、会計係長、警務係長

臨席者

宮崎県公安委員島津久友委員

議事の概要

前回の協議会において提出された「意見書」に対する説明

「自然災害に対する地域住民の防災意識を高めるための方策」について、

警備係長から、

  1. 平素から消防団や防災士と連携をとった自助意識の向上
    • 3町の消防団長との定期的な情報交換を実施していくことを確認するとともに、防災士ネットワーク西臼杵支部の定例会に参加をして情報交換を行うことを確認
  2. 地域住民、特に高齢者を早めに避難させるための検討
    • 交番・駐在所と連携を図り、高齢者が集う高齢者サロンや敬老会での防災講話の実施、75歳以上の運転免許所持者に対する認知機能検査受験者に対する防災講話の実施など新たな取組みを実施
  3. 感染症の予防対策のため分散避難先の確保
    • 自治体担当者と情報共有や避難所の確認作業を行い、新規避難所の指定や段ボールや簡易テントによる3密回避措置、新型コロナウィルス感染者等の専用避難所指定といった避難者が安心して避難できる環境を整備

旨の説明を受けた。

署長の諮問

刑事生安課長から、今回の諮問事項である「高齢者を『うそ電話詐欺』被害から守るための効果的な対策」について説明があった。

委員発言

署長の諮問関係

委員が、

  1. 行政機関と連携してタイムリーかつ強いメッセージを住民へ送る手段として防災無線を効果的に活用してほしい。
  2. 相談窓口の周知の徹底と住民からの相談に対しては、真摯に耳を傾けて対応してほしい。
  3. 金融機関、コンビニ、民生委員等との協力及びシルバー連絡所を増やすなどして、住民の防犯意識を向上させるための高齢者への声かけをしてほしい。

旨発言した。

その他

型無線警ら用自動車の視察を行なった。

お問い合わせ

宮崎県公安委員会  

〒880-8509 宮崎県宮崎市旭1の8の28

電話:0985-31-0110