トップ > しごと・産業 > 労働・雇用 > 職業訓練 > 認定職業訓練の認定要件等

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

認定職業訓練の認定要件等

認定を受けられるのは

  1. 事業主
  2. 事業主の団体またはその連合体
  3. 職業訓練法人、一般社団法人、一般財団法人、法人である労働組合、その他非営利法人

訓練実施能力

事業主等が訓練を的確に実施する能力を有すると認められることが必要となります。

  1. 永続して基準を満たす訓練生が確保できること。
  2. 事業内容、経費の収入等、運営母体の経理内容が安定していること。
  3. 普通課程の訓練生数は、事業主の場合は3人以上、事業主以外の団体の場合は1訓練科につき3人以上であること。

対象となる訓練

事業主等が、主にその雇用する従業員に対して行う職業訓練で、法に定める基準に適しているものとなります。

種類 訓練課程 訓練の概要
普通職業訓練 普通課程 原則1年(中学校卒業者は2年)
1年につき1400時間以上
普通職業訓練 短期課程 原則6か月以下
12時間以上
高度職業訓練 専門課程 原則2年
総訓練時間2800時間以上

鍛造

認定申請等様式

【Excel、Word版】

【PDF版】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工観光労働部雇用労働政策課人材育成担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7106

ファクス:0985-32-3887

メールアドレス:koyorodoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp