トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化財 > 平成29年度第2回宮崎県文化財保護審議会議事概要

ここから本文です。

更新日:2018年2月5日

平成29年度第2回宮崎県文化財保護審議会議事概要

平成29年度に開催された宮崎県文化財保護審議会の議事概要についてお知らせします。

平成29年度第2回宮崎県文化財保護審議会議事概要

1.日時

平成30年1月29日(月曜日)午後1時30分から

2.会場

県庁7号館743号室

3.出席委員

原田会長、石川委員、岩永委員、岩本委員、大賀委員、金子委員、関委員、中村委員、南谷委員、柳澤委員、柳委員、米村委員

4.審議

  • (1)県指定文化財の指定
    • 有形文化財「旧二見家住宅」(きゅうふたみけじゅうたく)(答申)
    • 有形文化財「銅鰐口」(どうわにぐち)(荒立神社所蔵)(諮問)
    • 有形文化財「銅鰐口」(どうわにぐち)(宮崎県総合博物館所蔵)(諮問)
  • (2)その他

5.審議概要

(1)県指定文化財の指定

文化財保護審議会は、有形文化財「旧二見家住宅」(きゅうふたみけじゅうたく)について、県指定にすべきとの答申をおこなった。

教育委員会は、有形文化財「銅鰐口」(どうわにぐち)(荒立神社所蔵)について諮問をおこなった。これについて、文化財保護審議会は委員による現地調査を実施することを決定した。

教育委員会は、有形文化財「銅鰐口」(どうわにぐち)(宮崎県総合博物館所蔵)について諮問をおこなった。これについて、文化財保護審議会は委員による現地調査を実施することを決定した。

(2)その他

教育委員会は県指定文化財の指定対象要件の見直しについて報告した。

教育委員会は、日南市の「鵜戸」が国指定名勝に指定されたことについて報告した。

教育委員会は、国の文化審議会において、日向市の「日向岬の柱状節理」について、国指定天然記念物に指定するよう答申されたことについて報告した。

教育委員会は、高原町の「高原町民体育館分館」、木城町の「石井記念友愛社静養館」・「石井記念友愛社方舟館」の3件について、国登録有形文化財(建造物)に登録されたことについて報告した。また、国の文化審議会において、日向市の「細島検潮場」、綾町の「綾陽校記念館」の2件について、国登録有形文化財(建造物)に登録するよう答申されたことについて報告した。

6.資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会文化財課文化財担当

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7250

ファクス:0985-26-8244

メールアドレス:ky-bunka@pref.miyazaki.lg.jp