トップ > 観光・魅力 > 文化 > 文化財 > 県指定無形文化財の新規指定について

掲載開始日:2022年9月14日更新日:2022年9月14日

ここから本文です。

県指定無形文化財の新規指定について

県指定無形文化財の新規指定について下記のとおりお知らせします。

1指定日

令和4年9月8日(木曜日)

2種別

無形文化財

3名称

  • 無形文化財「日本刀制作技術(にほんとうせいさくぎじゅつ)」

鍛鉄

積み重ねた鉄をたたいて溶接する「鍛鉄(たんてつ)」(左写真)

火造り

小槌でたたいて刃の部分をつくる「火造り(ひづくり)」(右写真)

4所在地及び保持者

  • 所在地:日向市
  • 保持者:松葉一路(まつばいちろ)

5内容

  • 松葉氏は、氏が理想とする南北朝時代の名工「備前長船長義(びぜんおさふねちょうぎ)」を模範とした作品を日本美術刀剣保存協会の新作名刀展に出品し、平成23年から4年連続で協会会長賞を受賞。
  • 平成26年には、現在まで40名しか存在しない現代の名工と呼ばれる「無鑑査」の称号を得るなど、その刀剣制作技術は貴重なものであり、本県を代表する刀工である。
  • 現在、日向市に鍛刀場をかまえ、銘に「日州」を記して新たな日州刀の伝統を築くとともに、後継者の養成や教育普及活動にも積極的に取り組まれている。

お問い合わせ

教育委員会文化財課文化財担当

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

ファクス:0985-26-8244

メールアドレス:ky-bunka@pref.miyazaki.lg.jp