トップ > 県政情報 > 採用・資格・試験・募集 > 採用 > 令和3年度(令和2年度実施)教員採用選考試験における主な変更点について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年11月26日

令和3年度(令和2年度実施)教員採用選考試験における主な変更点について

県教育委員会では、本県教育の質の向上に向け、幅広い人材を確保するため、令和3年度(令和2年度実施)教員採用選考試験における実施内容を見直し、下記のとおり変更を行います。

詳しい内容は、令和3年度(令和2年度実施)教員採用選考試験実施要項でお知らせします。(令和2年3月下旬配布予定)

1試験内容の変更について

第一次選考試験

小学校教諭等及び特別支援学校教諭等における水泳実技試験を廃止します。

第二次選考試験

小学校教諭等における体育実技試験及び音楽実技試験を廃止します。

2新たな併願受験について

小学校教諭等と中学校教諭等の併願受験を実施します。

3加点制度の実施について

第一次選考試験において、特定免許(英語免許、特別支援免許等)・資格(司書教諭免許等)保有者に対する加点制度を実施します。

4大学推薦制度について

県教育委員会が定める大学からの推薦者を対象とした特別選考試験を実施します。(小学校教諭等のみ)

5教職大学院推薦制度について

県教育委員会が定める教職大学院からの推薦者を対象とした特別選考試験の対象校を拡充するとともに、試験内容の変更を行います。

お問い合わせ

教育委員会教職員課人材育成担当

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7240

ファクス:0985-28-2757

メールアドレス:ky-kyoshokuin@pref.miyazaki.lg.jp