トップ > 暮らし・教育 > 教育・生涯学習 > 特別支援教育 > 平成28年度宮崎県特別支援教育フォーラム

ここから本文です。

更新日:2017年1月18日

平成28年度宮崎県特別支援教育フォーラム

教育委員会では、高等学校と特別支援学校の高等部生徒によるスポーツを通じた交流及び共同学習を実施し、学校における障がい者理解(心のバリアフリー)の推進を図っています。
一般の方々を対象に、障がい者アスリートとの交流や障がい者スポーツの体験等ができる特別支援教育フォーラムを以下のとおり開催します。

催に関するお知らせ

  • 申込みを締め切りました。1月17日までにお申込みいただいた方はご希望のとおり参加いただけます。(平成29年1月17日掲載)
  • 講話(午前中)のみの参加の場合は、事前申込なしでも参加できます。(平成29年1月17日掲載)
  • 特別支援教育フォーラムの開催に関するお知らせを掲載しました。(平成28年11月15日掲載)

別支援教育フォーラム概要

1目的

く一般県民を対象に、障がい者アスリートによる講話やスポーツ交流、高校生による本事業の紹介を行うことで、共生社会の認識を深め、地域全体での障がい者理解を図る。

2主催

崎県教育委員会

3協力

明星視覚支援学校、みやざき中央支援学校、赤江まつばら支援学校、みなみのかぜ支援学校、清武せいりゅう支援学校

4日時

成29年1月28日(土曜日)午前10時から午後2時30分まで

5会場

崎県立宮崎西高等学校

6対象

般県民

7

午前の部

時間 会場 内容
午前10時から
午前10時20分まで
体育館 開会行事
午前10時20分から
午前10時50分まで
体育館

講話「あきらめない心(仮題)」

  • 講師:中西(所属:うちのう整形外科)
  • リオデジャネイロ・パラリンピック走幅跳第4位
午前10時50分から
正午まで
体育館

パネルディスカッション「スポーツを通じた心のバリアフリー(仮題)」

コーディネーター:柳田(UMKテレビ宮崎)

パネリスト

継続的な障がい者スポーツの体験学習に取組んだ高校生

障がい者アスリートとの交流を行なった高校生

特別支援学校高等部生徒

障がい者スポーツと関わりのある大学生

中西(うちのう整形外科)

正午から
午後1時まで
  昼食・休憩

午後の部(事前の参加申込が必要です)

時間 競技 会場 講師 所属

午後1時から

午後2時30分まで

陸上競技 グラウンド 中西麻耶氏 うちのう整形外科
ボッチャ 新武道場 柳田哲志 UMKテレビ宮崎
フライングディスク 武道場 宮崎県障がい者フライングディスク協会
ハンドアーチェリー

ミーティング
ルーム

特別支援学校関係者

員を超えて参加をお断りする場合は参加申込代表者へ連絡します。

師紹介西麻耶(うちのう整形外科)

校時代はソフトテニスでインターハイに出場。卒業後、テニスで大分国体を目指した2006年、勤務先での事故で右膝から下を切断する大けがを負う。退院後の2007年、障がい者陸上に転向するや、瞬く間に100m、200mで日本記録を樹立し、障がい者アスリートとして鮮烈なデビューを果たす

事故からわずか2年で2008年北京パラリンピックに出場し、100m6位、200m4位と、義足スプリンターとしては日本人女子初の入賞。パラリンピックは、ロンドン(2012年)、リオデジャネイロ(2016年)大会の走幅跳・100m・200mの3種目に出場。リオデジャネイロパラリンピックでは、走幅跳で4位入賞。

加申込

込先

宮崎県教育庁特別支援教育室

申込締切

成29年1月10日(火曜日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会特別支援教育室教育推進担当

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7237

ファクス:0985-26-7314

メールアドレス:ky-tokubetsushien@pref.miyazaki.lg.jp