トップ > 暮らし・教育 > 教育・生涯学習 > その他 > 宮崎県育英資金貸与事業

ここから本文です。

更新日:2016年7月20日

宮崎県育英資金貸与事業

崎県育英資金は、将来の有能な人材を育成するため、向学心に富み、優れた素質を有しながら経済的理由により修学が困難な学生又は生徒に対して、奨学金を貸与する制度です。

宮崎県育英資金予約採用候補者(中学3年生)を募集します。

平成29年度に高校等へ進学予定の中学3年生を対象に、宮崎県育英資金予約採用候補者を募集します。
申込の手続きは、すべて学校を通して行います。提出書類の締切等もそれぞれの学校によって異なりますので、在籍されている学校へご相談ください。
⇒申請方法など、詳しくは「4.申請方法(予約採用)」をご覧ください。

平成28年度の送金日については以下のとおりです。

  • 第1回(平成28年4月~6月分)・・・・・・・・平成28年4月22日(金曜日)送金
  • 第2回(平成28年7月~9月分)・・・・・・・・平成28年7月1日(金曜日)送金
  • 第3回(平成28年10月~12月分)・・・・・・・平成28年10月7日(金曜日)送金
  • 第4回(平成29年1月~3月分)・・・・・・・・平成29年1月13日(金曜日)送金

平成28年度新規採用者(採用決定番号が20161001~20164132の方)の初回送金日は、以下のとおりです。

  • 在学採用(平成28年4月~9月分)・・・・・・・・平成28年8月26日(金曜日)送金
    (初回送金以降は、通常どおり10月、1月に送金します。)

熊本県を中心に発生している地震の被災者の皆様へ(お知らせ)

平成28年4月14日以降に熊本県を中心とする地震におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回ご案内する制度は、被災による家計急変のため緊急に育英資金の借入れが必要となった方や、育英資金を返還することが困難と認められる方向けのものです。

(お問合せ先)宮崎県教育庁財務福利課育英資金担当

電話0985-32-4472

1.緊急採用(育英資金の貸与)

被災により宮崎県内へ避難した方が、家計急変により緊急に育英資金の借入れが必要となった場合、緊急採用の申請ができます。
申請に当たっては、在学している学校又は宮崎県教育庁財務福利課にお問い合わせください。

  1. 対象者
    • (1)世帯全員で本県に移住した世帯
    • (2)生徒単独で本県に移住した世帯
      • ア.生徒単独で生徒寮等に入寮する場合
      • イ.生徒が本県内の親戚等の住居で起居する場合
  2. 申請書類
    • (1)宮崎県育英資金貸与申請書
    • (2)宮崎県育英資金貸与申請願
    • (3)罹災(被災)証明書等の被災を証明する公的書類
    • (4)世帯全員の本籍地の記載のある住民票
    • (5)世帯内の納税義務者全員の収入に関する証明書
    • (6)宮崎県育英資金推薦調書(学校が作成します)
      ※(4)及び(5)について、取得が困難な場合は、財務福利課へご相談ください。

2.返還猶予(先延ばし)

被災により返還が困難であると認められる場合に、返還の猶予(先延ばし)を申請することができます。
申請に当たっては、宮崎県教育庁財務福利課にお問い合わせください。

  1. 対象者
    被災により返還が困難であると認められる者
  2. 申請書類
    • (1)宮崎県育英資金返還猶予申請書
    • (2)罹災(被災)証明書等の被災を証明する公的書類

宮崎県育英資金貸与事業について

  1. 事業の目的
  2. 対象となる方
  3. 貸与月額
  4. 申請方法
  5. 採用について
  6. 貸与について
  7. 他の奨学金等との重複貸与について
  8. 返還について
  9. 住所・氏名等を変更した場合
  10. 募集要項
  11. 他の奨学金制度

宮崎県育英資金及び類似制度の概要(チラシ)

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会財務福利課育英資金担当

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-32-4472

ファクス:0985-20-1164

メールアドレス:ky-zaimufukuri@pref.miyazaki.lg.jp