マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年4月2日

令和元年11月5日開催の宮﨑南警察署協議会

開催日時

令和元年11月5日(火曜)15時~17時

出席者

  1. 協議会委員9
  2. 警察署14

署長、刑事官、交通官兼地域官、警務課長、会計課長、留置管理課長、生活安全課長、刑事第一課長、刑事第二課長、交通課長、地域課長、空港派出所長、警務係長、警務係

議事の概要

警察業務説明

署長挨拶の後、宮崎南警察署管内の犯罪情勢については生活安全課長から、交通情勢については交通課長から、薬物犯罪の情勢については刑事第二課長からそれぞれ説明を受けた。

前回の協議会において提出した「意見書」に対する説明

「子供が安全に安心して生活できる環境構築」のための、より効果的な警戒活動と効果的な情報発信活動について、生活安全課長、地域課長からそれぞれの取組状況の説明を受けた。

署長諮問

なし

委員発言

署長の諮問以外の意見

  1. 委員が、水害発生時の水上バイク団体への協力要請について質問したところ、署長から「過去には警察用舟艇を使用して住民を救助した経験があるが、必要に応じて水上バイクの団体等に対して協力要請も検討する。」旨の説明を受けた。
  2. 委員が、幼稚園付近の通園時間帯に、クラクションを鳴らしながら速度を上げて走行する車両がいて危険だとの発言をしたところ、署長から「危険な車両が特定できれば個別の指導をしていく。」旨の説明を受けた。
  3. 委員が、幼稚園付近の通園時間帯に、クラクションを鳴らしながら速度を上げて走行する車両がいて危険だとの発言をしたところ、署長から「危険な車両が特定できれば個別の指導をしていく。」旨の説明を受けた。
  4. 委員が、横断歩道で歩行者に気づいて停車しても、対向車が止まらなければばかえって危険ではないかとの発言したところ、交通課長から「横断歩行者がいる場合の停車は法律上の義務である。緊急やむを得ない場合には対向車にクラクションで知らせるなどの方法もある。」旨の説明を受けた。

その他

  1. 協議会冒頭に警察署協議会委員1名の委嘱状交付式を実施した。
  2. 協議会終了後、宮崎南警察署道場において逮捕術訓練の見学を実施した。

お問い合わせ

宮崎県公安委員会  

〒880-8509 宮崎県宮崎市旭1の8の28

電話:0985-31-0110